スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京大空襲は、空軍の独立のためのアピールだった

東京大空襲の背景 - 「Apes! Not Monkeys!」さん

[戦争犯罪]東京大空襲の背景CommentsAdd StarF-namemorita_non

明日3月10日はご承知の通り東京大空襲から63年めの日となります。

 東京大空襲:「米空軍独立狙い」 江東で報告会「背景に関係者の悲願」(Yahoo!ニュースの魚拓)

3月2日11時1分配信 毎日新聞

 1945年3月10日の東京大空襲から63年になるのを前に1日、江東区の東京大空襲・戦災資料センターで研究報告会があった。荒井信一駿河台大名誉教授(現代国際政治史)は、空襲の1年前の44年4~5月ごろ、米国で作戦方法が固まったことを明らかにし、「空襲の背景に『米国空軍の独立』という関係者の悲願があった」と指摘した。

 研究報告会のタイトルは「東京大空襲はいつ決定されたか」。荒井名誉教授は、米国で公開された資料や当時の関係者の手紙をもとに、成果を報告した。

(…)

 一方、当時の米空軍は、米軍の中で独立した組織でなく、米軍関係者の手紙には「空軍の組織を正当化(独立)するには、敵(日本)の決定的な敗北に対して決定的な役割を果たさなければならない」と記されていた。荒井名誉教授は「米国の空軍関係者にとって独立は悲願だった。東京大空襲では人道的配慮より、結果を出すことが要求された」と指摘した。

 空襲に切迫した必要性があればそれでよいのか? というのはもちろん議論の主題足りうる問題だが、それとは別の問題として、米軍内部の組織的利害が焼夷弾による絨毯爆撃という手法の背後にあったのであれば、その犯罪性がより明確になると言うことはできる。


 「空襲の背景に『米国空軍の独立』という関係者の悲願があった」

・・・自分たちの願いを達成するためのアピールのために、日本人の命を一人でも多く奪うことに専心したわけだ、アメリカ空軍は。

 東京大空襲にしろ、原爆投下にしろ、当時のアメリカ軍の内部からこれに対して批判的な意見が出ていない。「戦争に勝つこと」「自分たちの存在をアピールすること」という大義のために将校から現場の兵士まで、一貫した態度で「日本人虐殺」という任務を遂行しているさまは、まさに基地外国家というしかない。

 アメリカンインディアンを虐殺したときも、多分、騎兵隊同士の功名合戦に目が奪われていたんだろう。

 そう言えば、アボリジニを絶滅に追い込んだのもアングロサクソン(今のオーストラリア人)だった。

 人の命を「鯨」以下に扱ったアングロサクソン。日本に対して「捕鯨の残酷さ」を糾弾する前に、お前たちがまず懺悔すべきだろう。

 己の罪(=大量虐殺)を反省もせずに他人の正当な行為(=捕鯨)を糾弾するとは・・・、何という手前勝手な奴らだろう。



スポンサーサイト

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。