スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

橋下徹知事は、他人の話を聞いてるのか

橋下知事が同和問題をめぐって激論

 大阪府の橋下徹知事は7日、3日目となる府議会本会議の代表質問で、同和問題についての認識をめぐって、代表質問に立った共産党府議と激論となった。

 代表質問で共産党府議団の黒田昌子政調会長は「同和行政を継続することは、かえって『逆差別意識』を生じさせるなど、同和問題解決にとって有害。同和行政を完全に終結することが必要では」と問いかけた。

 これに対し、橋下知事は「差別意識はまだ残されており、同和問題は解決されていないと認識している。一般施策によりその解決に取り組んでいる。解決されていないとういうのは、私の経験でも実体験でもある。いわゆる同和地区というところで育ったが、現在、同和問題は全く解決されていない」と答弁した。

 黒田氏が「知事は差別意識がまだあるといわれたが、同和行政と同和教育は終わるというメッセージを発することが最も必要では」と再質問。

 知事は「机上の論にとらわれることなく、本当に差別意識があるのかどうかを肌身で感じている人たちの話を聴いてから判断してほしい。差別意識というものは私の周りで現にあるということを認識している」と強調。その上で「同和問題が解決されていない、差別意識があるからといって特別な優遇措置を与えていいのかは全く別問題。すべて一から総点検していく。ただし、同和問題が解決されたというのは全くの事実誤認、認識不足だ」と主張した。

 特別措置法による同和対策事業は平成13年度末に終了している。


 この人(橋下徹知事)は、他人の話を聞いてるのかな・・・。

 黒田昌子氏が聞いているのは、「同和行政を完全に終結することが必要では」であるのに、橋下知事は「現在、同和問題は全く解決されていない」と答えている。

 黒田氏の「知事は差別意識がまだあるといわれたが、同和行政と同和教育は終わるというメッセージを発することが最も必要では」という再質問に対しても、知事は、「同和問題が解決されていない、差別意識があるからといって特別な優遇措置を与えていいのかは全く別問題」「すべて一から総点検していく」「同和問題が解決されたというのは全くの事実誤認、認識不足だ」と主張した。

 この記事を読む限り、黒田氏は、「同和問題が解決された」なんて一言も言っていないのだけどね。私がもし質問者だったら、言ってもいないことに対して「認識不足だ」と言われたら腹立つけど・・・。(もしかしたら、この記事を書いた記者が、黒田氏のそういう発言を一切書かなかったという可能性もあるが)

 黒田氏の質問に対する答えとしてふさわしいのは「すべて一から総点検していく」の部分だけではないのか。

 どうして、殊更に(質問してもいないのに)「同和問題は解決されていない」「差別は残っている」と力説せにゃならんのだ。

 ともかく、これで、橋下徹知事が部落解放同盟にシンパシーを感じていることだけは明らかになったのではないか。

 特別措置法による同和対策事業は平成13年度末に終了しているが、大阪で未だに行われているのは、公共工事において、随意契約で同和系企業と優先的に契約を結ぶこと。

 こうしたやり方は非同和系の企業にとってまさに逆差別そのものなわけで、ここのところにメスを入れない限り真の改革とは言えないのだが、橋下徹知事にその覚悟があるのかどうか。

 こういう事を書くと、「お前はいつから改革派になったのだ」と聞かれそうだけど、小泉カイカクが、似非改革であるがゆえに、小泉カイカクを支持する改革派を批判しているのであって、日本国民や地元民にとって有益であると思われる改革についてはその限りではない。

 大阪府知事選で、部落解放同盟が支持していることを理由に民主党の候補を批判していた保守系のブロガーがいたけど、相手が橋下徹知事だからといって追及の手を緩めることのないようにしてもらいたい。

スポンサーサイト

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

橋下知事暗殺をネットで呼びかけの男逮捕 府警

 インターネットの掲示板に橋下徹・大阪府知事の暗殺を呼びかける書き込みをしたとして、府警捜査1課と東署は22日、脅迫容疑で、東京都世田谷区船橋、システムエンジニア、安永博一容疑者(35)を逮捕した。安永容疑者は大阪市出身で、「橋下知事の財政再建プログラ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。