スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「欧米コンプレックス」によって身を滅ぼす日本

「日本になろう」としている米国 / SAFETY JAPAN [日下公人氏] / 日経BP社

第72回
「日本になろう」としている米国

東京財団前会長 日下 公人氏
2008年2月29日

 これからの世界情勢に、仮に副題をつけるとすれば「反転する米国」である。米国では今、さまざまな揺り戻しが起きている。

 ところが、日本ではいまだに、米国の後を追いかけるのがよいことだと信じている馬鹿なエリートや支配階級がいる。彼らは、米国がグローバル化、合理化を進めてきたのを見て、日本も同じことをすべきだと言っている。

 日本がそんなことをしていると、揺り戻しで戻ってくる米国とすれ違うことになる。日本は「米国になろう」として、米国は「日本になろう」としている。

 日本のエリートもみんなが馬鹿なわけではないから、米国の真似をせよと言われても、必ずしもすべてそうはならない。むしろ、日本の方が真似をされる時代が始まっている。そうなってくると、米国の考え方の影響をもともと受けなかった日本国民は、だんだんと自信をつけてくる。

 日本人が自信を回復することは、「保守回帰」とか「ナショナリズム」とか「日本化」といわれる。学者や言論人、マスコミのほとんどは、そうした傾向を批判するが、彼らはやがて国民に捨てられるだろう。

|米国化が原因で米国に捨てられる日本

 保守回帰やナショナリズム、日本化を認めようとしない人たちは、国民だけでなく米国にも捨てられる。今、米国の方が日本の従来の考え方に戻ってきているのだから、いくら日本が米国の考え方に基づいて行動しても、褒めてくれないのだ。

 今まで米国の考え方に従ってグローバル化し、合理化してきたのに、今度はそれが原因で米国からも捨てられるとは、哀れな国としか言いようがない。

 今の日本の支配階級がやろうとしていることの多くは、10年前の米国がやっていたことである。10年前の米国を、今になって一生懸命に真似をして、それで日本が進歩したと思っている人がいるが、果たしてそれが進歩と言えるのだろうか。

 そうではなく、今は米国が反転中なのだから、反転してきた新しい米国を見なければいけない。


 日本人の欧米コンプレックスは根強いものがあり、「欧米的なやり方=進歩的」と決めつけている欧米崇拝者が未だに多いようです。

 この間まで行われていた「ゆとり教育」というのも、「日本の教育は『詰め込み教育』で、子供の個性を潰すから良くない。欧米では、もっと個性を尊重する教育をしている」というような主張が力を持ち、従来の日本の教育方針を安易に放棄することによって行われた愚挙でした。

 「ゆとり教育」の結果がどうだったかというと、「個性の尊重」のつもりが、「放縦」や、「無秩序」を産み、「学力低下」をもたらしただけに終わっています。

 そして、気がつけば、その間、欧米は、しっかりと「学力重視」の方向に転換していたのです。

 「グローバル化、合理化」などというのも、単に一時の「流行り」に過ぎず、こんなものは、アメリカで経営学などを学んですっかりアメリカナイズされた「アメリカ崇拝者」を中心とした「日本の経営は遅れている。アメリカでは、もっと進んだ経営をしている」という主張に過ぎないのですが、「欧米コンプレックス」の日本人には、これが正論のように思えたのでしょう。

 「ゆとり教育」と同じように、日本における「グローバル化、合理化」などというものも、そのうち惨憺たる結果に終わることでしょう。

 日本が、その「グローバル化、合理化」方針の失敗によってのたうちまわるころには、いつの間にか「日本化」しているアメリカが、さっさと日本を置き去りにして去っていくことでしょう。

スポンサーサイト

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。