スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米協力要請あれば「協力も」…ロス疑惑で町村官房長官

米協力要請あれば「協力も」…ロス疑惑で町村官房長官

 町村官房長官は25日午前の記者会見で、三浦和義元社長の逮捕について、「米ロサンゼルス市警が殺人と共謀の容疑で逮捕したという発表があっただけで、先方からの連絡は特にそれ以上はない」と述べた。

 米側への捜査協力については、「要請が来た段階で考えたい」としたうえで、「国内の法律、日米間の条約に従って対処することになろうかと思う。日本で無罪になったからといって、捜査協力ができないということはない」と述べた。
(2008年2月25日13時08分 読売新聞)


三浦和義氏の逮捕に関しては、「こんなの有りか?」と驚きました。

確かにこの人、限りなく黒に近い灰色という感じだけど、日本で最高裁までいって無罪になった人を改めて、アメリカが逮捕するとはね。

日本の最高裁の権威が地に堕ちたというか、やっぱり、アメリカにとっては「属国が行った裁判など何の意味もない」ということなのでしょうか。

町村官房長官は、「日本で無罪になったからといって、捜査協力ができないということはない」と述べたそうで、アメリカに対して、実に物分かりのいい発言だと思いました。

スポンサーサイト

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

国家は国民を守る義務は無いのか?

ロス疑惑、たった5文字で語られる歴史的事件である。アメリカ当局は、いまさら何故三浦氏を拘束し逮捕することを決断したのであろうか。日本...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。