スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親米保守の論調に感じる「何とはなしの違和感」

沖縄米軍暴行事件について述べている親米保守の論調というのは、どうも、駐留米軍の方にシンパシーを感じているようにしか読めない。彼らにとっては、「良好な日米関係の維持」こそが、「最高に価値あるもの」なのだろう。

彼らのこの事件に対する関心事は、この事件が「良好な日米関係」に亀裂を生じさせる要因になるのではという危惧でしかなく、被害者に対しては、同情よりも、「お前がしっかりしていないからこういうことになったのだ」という不快感の方が強かったのではないか。

親米保守は、日米間にトラブルが生じたときは、必ずと言っていいほど、アメリカ側に立って、日本に説教を垂れる。つまり、親米保守は潜在的に、「親米反日」なのだ。

沖縄米軍暴行事件について述べている親米保守の論調に、私が違和感を感じた原因も、多分そのあたりにあるのだろう。




スポンサーサイト

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。