スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米大統領、北朝鮮をテロ支援国家指定のリストから除外すると通知

米大統領、北朝鮮の核計画申告を歓迎

【6月26日 AFP】(一部更新)ジョージ・W・ブッシュ(George W. Bush)米大統領は26日、北朝鮮が核問題をめぐる6か国協議合意に基づいた核計画の申告書を中国に提出したことを歓迎する声明を発表した。また、米議会に対し、45日後に北朝鮮をテロ支援国家指定のリストから除外すると通知した。

 ブッシュ大統領は、「45日間、米国は北朝鮮の行動や対応を慎重に監視する」と述べ、北朝鮮が仮に「誤った選択」をし、すべての核計画について申告するという約束を違反するのであれば、新たな制裁も辞さないと警告した。

 さらに、対敵国通商法(Trading With The Enemy Act)に基づいた貿易制裁の一部を緩和すると発表。

 一方、日本人の拉致問題については、「同盟国である日本を見捨てることはしない」と配慮を見せた。

 ブッシュ大統領はホワイトハウスで記者会見を行い、「今日、(北朝鮮の核問題は)一歩前進した。しかし、やるべき事はまだ残っている。非核化プロセスを軌道に乗せ検証可能な形で完了させなければならない」と語った。

 拉致問題について「非常に深刻に受け止めている」と述べ、「北朝鮮が拉致問題を前向きに解決するよう期待する」と語った。

 また、核施設の完全な無能力化を実施するよう、北朝鮮にくぎを刺した。(c)AFP


 ブッシュ米大統領は26日、北朝鮮が核計画の申告書を中国に提出したことを歓迎する声明を発表するとともに、米議会に対し、45日後に北朝鮮をテロ支援国家指定のリストから除外すると通知した。

 「アメリカは北朝鮮に屈したのだ」という声もありますが、そうではなく、アメリカと北朝鮮は、(山本一太が多用する)「ウィンウィンの関係」の構築に成功したのです。

 中国と日本の横腹に北朝鮮という核を持つ親米国家が誕生することは、アメリカにとっては望ましいことなのだろうと考えるべきでしょう。

 アメリカはアメリカの都合で動いているに過ぎす、親米保守の「アメリカは同盟国として日本の為に動いてくれる」という主張は単なる幻想に過ぎません。彼らの言う現実主義というのは、この幻想を前提とした机上の空論でしかありません。「日米同盟」という言葉に過剰な期待は持たない方がいい。

 マスコミが今になって大騒ぎしているけれど、一連のアメリカの行動は、「6者協議の合意」ですでに予定されていたことです。こうなることは最初から分かっていたのです。

○「参考資料」
第5回六者会合第3セッションの概要

平成19年2月13日

 2月8日から開催されていた六者会合は、本日、成果文書として「共同声明の実施のための初期段階の措置」を採択し閉幕。この成果文書の概要は、以下のとおり。

1.60日以内に実施する「初期段階の措置」

(1)北朝鮮

1)寧辺の核施設(再処理施設を含む。)を、最終的に放棄することを目的として活動停止(shut down)及び封印(seal)する。

2)すべての必要な監視及び検証を行うために、IAEA要員の復帰を求める。

3)すべての核計画(抽出プルトニウムを含む。)の一覧表について、五者と協議する。

(2)経済・エネルギー支援

 重油5万トンに相当する緊急エネルギー支援を開始する。(注:米中韓露が実施。拉致問題を含む日朝関係の現状を踏まえ、我が国は参加せず。)

(3)日朝

 日朝平壌宣言に従って、不幸な過去を清算し懸案事項を解決することを基礎として、国交を正常化するための協議を開始する。(「懸案事項」には、拉致も含まれる。)

(4)米朝

 完全な外交関係を目指すための協議を開始する。(テロ支援国家指定を解除する作業開始)。

2.作業部会の設置

 初期段階の措置の実施及び六者会合共同声明の完全な実施のため、共同声明の要素に対応する次の作業部会を設置し、30日以内に会合を開催する。

1)朝鮮半島の非核化  (議長:中国)
2)米朝国交正常化  (議長:米国・北朝鮮)
3)日朝国交正常化  (議長:日本・北朝鮮)
4)経済及びエネルギー協力  (議長:韓国)
5)北東アジアの平和及び安全のメカニズム  (議長:ロシア)

3.初期段階の次の段階における措置

(1)北朝鮮

 すべての核計画の完全な申告の提出及びすべての既存の核施設の無能力化等を行う。

(2)エネルギー支援

 重油95万トンに相当する規模(上記1.(2)の5万トンと合わせ、合計100万トン。)を限度とする経済、エネルギー及び人道支援を供与する。(注:米中韓露が実施。拉致問題を含む日朝関係に進展が見られるまで、我が国は参加しないことにつき、関係国は了解。)

4.六者閣僚会議

 「初期段階の措置」が実施された後、六者閣僚会議(外相を想定。)を開催する。

5.次回六者会合

 第6回六者会合は、3月19日に開催。


 「6者協議」において、「米朝」の目指す目的は、完全な外交関係(テロ支援国家指定を解除する)であり、「日朝」の目指す目的は、日朝平壌宣言に従って、不幸な過去を清算し懸案事項を解決することを基礎として、国交を正常化することと明記されています。外務省は、(「懸案事項」には、拉致も含まれる。)という注釈を入れていますが、もちろん元の英文にはそんな注釈は有りません。

○「参考資料」
Initial Actions for the Implementation of the Joint Statementより、該当する英文の箇所

 The DPRK and Japan will start bilateral talks aimed at taking steps to normalize their relations in accordance with the Pyongyang Declaration, on the basis of the settlement of unfortunate past and the outstanding issues of concern.


 また、初期段階の次の段階における措置として、北朝鮮に義務付けられていたことは、「すべての核計画の完全な申告の提出及びすべての既存の核施設の無能力化等を行う」ということだけです。

 つまり「今後は、作ってはいけない」と言っているだけ。すでに作った分に関しては言及なしです。アメリカにしてみれば、その核がアメリカに向かわなければ良しということなのでしょう。

 福田首相は「核問題が解決するのであれば、指定解除は望ましい」と述べていましたが、既に北朝鮮が作った核について、この人は脅威を感じないのでしょうか。

 日本の拉致問題は勿論のこと、日本の核の脅威も放置したまま、「信頼すべき?」同盟国のアメリカは、北朝鮮との友好関係樹立に向けて走り出してしまいました。

 「日本の世論や拉致被害者らの感情に配慮が足りない」などと今回の米政府の方針に異論を述べている自民党議員がいましたが、そもそも誘拐された自国民を自分たちの手で取り返すという姿勢がない連中が何を言っても「引かれ者の小唄」にしか聞こえません。

 「日本は無力な国だから、アメリカに頼るしかない」というのが、いわゆる親米保守の自称リアリストたちの弁ですが、アメリカがかまってくれなければ何もできないということで良いのでしょうか。

 「自己責任だ。国に頼るな」が口癖の親米保守たちが、こと日本の事となると、「アメリカに頼るしかない」と依頼心を丸出しにして恥じない…。

 「日本は無力な国だから、アメリカに頼るしかない」・・・この状況から脱することこそが、真の「戦後レジュームからの脱却」ではないのでしょうか。




にほんブログ村 政治ブログへ



スポンサーサイト

COMMENTS

やらずボッタクリ

元々日本にある米軍基地も日本が軍拡に走らない為の鎖であった。 鎖で日本を完璧に締め付けることに成功し、今は世界戦略のための基地としている。  その米軍に何かを頼るなんぞ確かにおかしい。 すぐにイラク及びアフガニスタンでの米軍支援をやめ、思いやり予算をやめ、日米安保条約を解消し、基地をおき続けたいならそれに見合った費用を請求すべきであろう。 やらずボッタクリをゆるすのは国益に反する、基地周辺の国民は騒音や治安の悪化、日々の危険で泣いている。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

米、北のテロ指定解除へ

日本国民にショック=米大統領補佐官と電話会談-町村長官  町村信孝官房長官は26日夜、ハドリー米大統領補佐官(国家安全保障担当)と電話で会談し、米国政府が北朝鮮のテロ支援国指定解除を決めたことについて「日本国民はショックを受けている」と伝えた。さらに、「...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。