スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネットでよく見かける「極論でしか反論できないネオリベ論者」

 やみくもな規制緩和を批判する意見に対し、「規制緩和に反対する奴は、統制経済を望むのか」と反論したり、何でもかんでも、「官から民」では拙かろうという意見に対しては、「官から民への民営化政策が悪いというのなら、官が肥大化し、汚職が隠蔽され、権力が集中する社会主義経済を選択するのか」と反論するネオリベ論者がウザい。

 たとえてみれば、「この味噌汁は味が全然ないよ」という家族の声に対し、「塩のはいっていない味噌汁が嫌だというのなら、海水よりからい味噌汁でも飲んで、さっさと胃がんにでもなって死ねば…」と山盛りの塩をお椀に入れて逆ギレする馬鹿な主婦を連想させる。(うちの家の話ではないですよ)

 「格差が拡大している」と言えば、「こんな格差など北朝鮮に比べれば、大したことなどない」とか、「格差がいけないというなら共産主義の方が良いというのか」とか、外資規制に対しても、「外資を規制しろという奴は鎖国論者だ」とか、「日本を北朝鮮のようにしたいのか」とか、極論しか言えん奴らだ。

 物事には常に「ほどほど」というものがあることをこいつらは忘れているのではないか。

 小泉純一郎は常に「官から民へ」とか、「既得権は悪」のような一方的なことしか言わなかったが、未だに存在する小泉信者は、こうした小泉純一郎の言葉に影響されて、二者択一的思考しか出来なくなった哀れな存在なのかもしれない。



にほんブログ村 政治ブログへ



 


 
スポンサーサイト

COMMENTS

No title

はじめまして。
ネオリベ連中がそういう極論を言うこと、それを小泉に例えたのは卓見です。
なぜならば小泉政治とは常に二者択一であるし、自己と意見の違うものを「抵抗勢力」と切り捨てるものであったからです。その意味で今回批判されている「ネオリベ信者」とは「小泉チルドレン」の別称と見てよいのではないでしょうか。

No title

耕さん、はじめまして。

>ネオリベ連中がそういう極論を言うこと、それを小泉に例えたのは卓見です。

ありがとうございます。

私の言う「ネオリベ論者」とは、今もなお、小泉流の構造改革を支持する人たちのことです。

はー、なるほど

>日本を北朝鮮のようにしたいのか

  国民に「ホラ見ろ、おまえらよりずっと下の奴がいるから我慢しろ」と、奴隷扱いを正当化するためのだまし絵が北朝鮮というおとぎの国だったわけですね。
  拉致問題(それ自体は犯罪行為だが)が急に騒がれ出したのは、そういうおとぎの国にみんなの耳目を集めるためだったのかもしれません。
  そういえば、安倍チャンが首相だったとき、北朝鮮って3回くらいミサイル発射実験やってるんですよね。あれって、安倍チャンへの助け船だったんじゃないでしょうか。安倍チャンの支持率が下がり始めると、北朝鮮から花火が上がる、みたいな感じでした。
  朝銀への税金投入といい、合同結婚式のアレの影がちらつくことといい、どうも清和会と朝鮮ってグルなんじゃないかっていう気がするんですよね。

  こうやって可能性を論じているだけなのに、書くと「拉致被害者をなんだと心得る」とか「北朝鮮の工作員か」とか言い出す馬鹿が一番ウザイですね。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。