スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「右派」「左派」マスコミの呉越同舟に注意すべし

livedoor ニュース - 『文字を大きく 情報たっぷり』? 朝日新聞の表現は意味不明・・・たっぷりは広告だけ?

2008年02月22日07時24分

【PJ 2008年02月22日】-3月31日から朝日新聞は文字が大きくなるそうです。2月17日の朝刊にはその告示が載っています。その表題が「文字を大きく 情報たっぷり」なのです。文字を大きくしてなぜ情報がたっぷりなのか、また情報が5.5%減るのは実質的には値上げではないか、という疑問が生じます。

 はじめ私はその意味を理解できませんでした。本文には文字の縦だけを7%大きくし、1行の字数を11×15段から13×12段に改めると説明されています。つまり165字が156字になり約5.5%の減少となります。情報量が減るのに、なぜ「情報たっぷり」なのでしょう。

 増ページをする、あるいは広告比率を減らすというのならわかりますが、その記述はどこにもありません。そうでないなら、「情報たっぷり」は今流行の「偽装」表現と思わざるを得ません。

 「金利下げ、利息たっぷりの預金」「量を減らし、栄養たっぷりのパン」「ガソリンを一層よく食う、経済性たっぷりの車」

 朝日の表現が通るなら、こんなインチキ表現も許されなければなりません。些細(ささい)な問題だと思われるかもしれませんが、入学試験にも多く引用されるなど、語法に強い影響力をもつ新聞の表現だけに、こんな表現を広げていただくとちょっと困ってしまいます。これも学力低下のせいなのでしょうか。

 また購読料が同じならこの変更は、つまり情報量の約5.5%減は情報単価の約5.8%の値上げでもあります。私たちはすぐゴミになる紙を買っているのではなく、情報を購入しているのですから。

 他の業界では値上げのとき、苦しい事情を説明し理解を求めるのですが、新聞社には全くその気がないだけでなく、読みやすくしてやっているんだという姿勢ばかりが目につきます。恩を売ってこっそり値上げ、ここだけはいまだに殿様商法が通じるようです。【了】


 3月31日から朝日新聞は文字が大きくなりましたが、その表題が「文字を大きく 情報たっぷり」だったそうで・・・。

「文字を大きくしてなぜ情報がたっぷりなのか、また情報が5.5%減るのは実質的には値上げではないか、という疑問が生じます。」・・・というこの記者の疑問はもっともです。

 実際は「文字を大きく 情報はスカスカに」なんですけどね。大手新聞社がなれ合いで行うこうした事に関しては、大手新聞社と経営母体が同じテレビ界から、「ダメだし」が出されたためしが有りません。

 「文字を大きく」したこと自体はそんなに大きな問題ではありませんが、大手マスコミが共同戦線を張り、「ある情報を好意的に紹介したり、ある情報を握り潰したり」しようとすればいくらでも可能であるという事実そのものが大問題なのです。

 「小泉改革」というのも、アメリカに媚び諂いたがる右派マスコミと、「日本叩き」がしたい左派マスコミが、アメリカの主張する「今のままの日本ではだめだ」キャンペーンに呉越同舟した結果の産物なのでしょう。

註:呉越同舟(現在では単に、「仲の悪いもの同士が、たまたま同じ場所に居合わせること」という意味にも使われますが、本来の意味は、「仲の悪いもの同士が、同じ目的のために一時的に協力する」ということです。)

 「小泉改革」と同様、「改革派」の政治家もマスコミから絶大な賛美を与えられてきました。前三重県知事の北川正恭もその一人ですが、「マスコミ不信日記」さんがその虚像を暴いています。↓

マスコミ不信日記 : 毎日新聞はなぜ“ミスターRDF”北川正恭の責任を問わないのか

毎日新聞が一面トップでRDF(ごみ固形燃料)化施設の問題を取り上げたのは3月31日のことでした。
ごみ固形燃料化:52施設の処理費、焼却の2倍…本紙調査

 静岡県の御殿場市・小山町広域行政組合の施設は操業開始(99年)直後からトラブルが続き、メーカーや商社を相手取った民事訴訟に発展(20億円支払いで和解)。高コストから焼却を選択する自治体もあり、長崎市は長崎県からRDF導入の打診を受けたが拒否し、焼却炉の建設計画を進めている。【三木陽介、奥山智己、岩佐淳士】


ごみ固形燃料化:事業失敗…国に検証、解決責任〔削除済〕

 キャッチフレーズだった「夢のリサイクル技術」とかけ離れた実態が浮き彫りになったRDF化施設。そのほとんどが財政基盤の弱い地方にあり、自治体側の負担は1年で総額約200億円に達している。にもかかわらず、補助金などを餌に建設を推進した国は、この間事業の成否について何の総括もしていない。行政判断が正しかったかどうかを検証し、既設施設をどうすべきかについて解決策を示す責任がある。【三木陽介】



 RDF(ごみ固形燃料)について毎日新聞は、「・・・にもかかわらず、補助金などを餌に建設を推進した国は、この間事業の成否について何の総括もしていない。」と、国を叩いていますが・・・。

毎日の一連の記事で奇妙なのは、RDFといえば避けて通れないはずの三重県で起きた爆発死傷事故、そしてこの事業の推進者が北川正恭だったことについて言及を避けていること。

当ブログでも再三取り上げてきた問題ですが、一連の経緯を時系列で追ってみましょう。
平成9年 RDF全国自治体会議が発足、北川正恭が会長に就任。
平成14年5月 RDF全国自治体会議が国家予算要望


こうしたなか、可燃性廃棄物のRDF化及びその利活用は、二酸化炭素やダイオキシン類の排出抑制をはじめとする環境への負荷の少ない廃棄物処理の方法として、また資源循環型社会を構築するための方策として注目されております。「RDF全国自治体会議」は、21世紀における廃棄物の適正な処理と資源としての有効利用を図るため、RDF化を推進していくこととしておりますが、RDFの利用推進にあたっては、各種法規制、経済性の確保、技術開発など様々な課題等を抱えているのが現状です。

資源循環型社会を目指し、RDF化を中心とする新たな社会システムづくりのためには、これらの課題等をひとつひとつ解決していく取組みが必要です。

国におかれても、このような主旨を十分にご理解いただき、RDF化及びその利活用の促進に向けて、各種支援措置の創設、有効利用・適正処理のための各種規制の緩和・創設、信頼できる技術開発等に格段のご配慮をいだだくよう要望します。

平成14年5月

RDF全国自治体会議

会長 三重県知事 北川正恭
副会長 岩手県知事 増田寛也
(後略)



 キャッチフレーズだった「夢のリサイクル技術」とかけ離れた実態が浮き彫りになったRDF化施設。そのRDF推進を強力に国にアピールしていた当時の三重県知事北川正恭について何の言及も毎日新聞はしていないのです。

 RDF化施設では、死亡事故↓まで起きているのにマスコミは大して取り上げもしませんでした。

平成12年1月 三重県が発電所建設に向けて9社から設計プランの提示を受ける 2月 富士電機に決定
平成13年8月 一般廃棄物処理施設の設置許可、9月 着工
平成14年11月 完成、12月 稼動開始
平成15年4月 北川、三重県知事退任
平成15年8月 2度の爆発で消防職員2名死亡、作業員5名負傷 9月 三重県警、県庁・消防・富士電機などを家宅捜索
同年10月 北川、三重大学での講演後に報道陣に囲まれるも「ノーコメント。場所が違う」と捨て台詞を吐き逃亡
平成16年1月 三重県議会、北川を参考人招致。遺族への面会謝罪拒否。
平成18年1月 三重県警、県職員・消防幹部・富士電機社員ら15人を業務上過失致死傷の疑いで津地検に書類送検。三重労働局も労働安全衛生法違反の疑いで書類送検
同年12月 全員不起訴

刑事事件としては結論がでていますが、これで北川の責任がなくなったわけではない。RDFの記事を書いた記者の一人・岩佐淳士といえば連載「ネット君臨」の歪曲記事で2ちゃねらーを攻撃して返り討ちにあった奴ですが、北川のようなマスコミの寵児にはてんで弱腰のようですね!

結局、北川のやってきたことって一事が万事、マスコミでブームを煽ってやり逃げの繰り返しなんじゃないですか?

RDF全国自治体会議代表として事業推進→死傷事故の責任逃れ
「マニフェストの伝道師」→実は英国でも重視されず、かえって柔軟な対応を阻害
21世紀臨調で分権主張→メンバーの和歌山県知事・枚方市長が汚職で逮捕
せんたくで新政治運動→既存政治家とベッタリで橋本大二郎らと仲間割れ

「せんたく」の母体で北川正恭が共同代表を務める21世紀臨調の運営委員には、毎日新聞の幹部も多数名を連ねています。

菊 池 哲 郎  毎日新聞取締役経営企画担当
岸 井 成 格  毎日新聞特別編集委員
倉 重 篤 郎  毎日新聞編集局次長
小 松 浩  毎日新聞政治部長
七 井 辰 男  毎日新聞読者室長
人 羅   格  毎日新聞論説委員
丸 山 昌 宏  毎日新聞大阪本社編集局次長
与 良 正 男  毎日新聞論説委員


参加しているのは政治部出身の人間が多いようで、RDFの件は社会部記者が書いているようですけどね。
それでも北川の嘘と偽善を書かずに改革の旗手と「報道偽装」をする点では同類でしょう。


 北川正恭が共同代表を務める21世紀臨調の運営委員には、毎日新聞の幹部も多数名を連ねています。

・・・ということで、「21世紀臨調」のコネクションで、毎日新聞は、北川正恭を追求しないのだろうと「マスコミ不信日記」さんは推測しています。おそらく、その推測は正しいでしょう。

 さて、改めて、この21世紀臨調のメンバーを見ると、

【顧問会議議長】 御手洗 冨士夫 日本経済団体連合会会長

【特別顧問】 宮 内 義 彦 オリックス会長・グループCEO
       屋 山 太 郎 評論家

【運営委員】 山  養 世 コンサルタント・前ゴールドマンサックス投信社長


といった外資族の面々。そして、驚くほど多数のマスコミ関係者↓の名前が・・・。

「読売新聞関係」
赤 座 弘 一 読売新聞政治部長
浅 海 伸 夫 読売新聞論説副委員長
上 村 武 志 読売新聞論説副委員長
老 川 祥 一 読売新聞東京本社社長・編集主幹
大久保 好 男 読売新聞編集局総務
小 田   尚 読売新聞編集局次長
島      脩 元読売新聞常務取締役編集局長
橋 本 五 郎 読売新聞特別編集委員

「日本経済新聞関係」
安 藤 俊 裕 日本経済新聞論説副委員長
石 川 一 郎 日本経済新聞編集局総務
芹 川 洋 一 日本経済新聞執行役員電波・電子戦略室長
西 田 睦 美 日本経済新聞編集委員兼論説委員
原 田 亮 介 日本経済新聞編集局次長兼政治部長

「産経新聞関係」
乾    正 人 産経新聞政治部長
北 村 経 夫 産経新聞総括補佐兼秘書室長
清 原 武 彦 産経新聞会長
佐 々 木 類 産経新聞政治部次長
關 田 伸 雄 産経新聞雑誌局次長
千 野 境 子 産経新聞取締役正論・論説担当論説委員長
外 山 衆 司 産経新聞大阪本社取締役編集局長
中 静 敬一郎 産経新聞論説副委員長
長 野 和 夫 産経新聞客員論説委員・東北文化学園大学教授

「東京新聞関係」
宇 治 敏 彦 東京新聞相談役・論説担当
金 井 辰 樹 東京新聞政治部次長
佐 藤 育 男 東京新聞政治部長
清 水 孝 幸 東京新聞政治部次長
菅 沼 堅 吾 東京新聞論説委員
田 畑   豊 東京新聞論説委員

「朝日新聞関係」
木 村 伊 量 朝日新聞社長付
国 分 高 史 朝日新聞論説委員
曽 我   豪 朝日新聞編集委員
坪 井 ゆづる 朝日新聞編集委員
西 村 陽 一 朝日新聞編集局次長
根 本 清 樹 朝日新聞政治部長
早 野   透 朝日新聞コラムニスト
星     浩 朝日新聞編集委員
持 田 周 三 朝日新聞社長室室長補佐

「共同通信関係」
梅 野   修 共同通信政治部長
飛 田 寿 一 共同通信客員論説委員
八 木   柾 共同通信名古屋支社長
西 川 孝 純 共同通信理事待遇論説委員長
吉 田 文 和 共同通信編集局ニュースセンター整理部長

「毎日新聞関係」
菊 池 哲 郎 毎日新聞取締役経営企画担当
岸 井 成 格 毎日新聞特別編集委員
倉 重 篤 郎 毎日新聞編集局次長
小 松 浩 毎日新聞政治部長
与 良 正 男 毎日新聞論説委員
七 井 辰 男 毎日新聞読者室長
人 羅   格 毎日新聞論説委員
丸 山 昌 宏 毎日新聞大阪本社編集局次長

「中日新聞関係」
林   寛 子 中日新聞一宮総局長

「テレビ朝日関係」
田 畑   正 テレビ朝日政治部長
広 瀬 道 貞 テレビ朝日会長

「日本テレビ関係」
弘 中 喜 通 日本テレビ取締役執行役員

「フジテレビ関係」
黒 岩 祐 治 フジテレビ解説委員・キャスター
船 田 宗 男 フジテレビ報道局解説委員主幹
山 本   周 フジテレビ政治部長
山 本   潤 フジテレビ経営企画局電波企画室専任局長

「読売テレビ関係」
岩 田 公 雄 読売テレビ報道局解説委員長

「雑誌関係」
河 野 通 和 中央公論新社取締役雑誌編集局長
安河内  龍太 フォーサイト編集部


 まさに、右派マスコミと左派マスコミの見事な「呉越同舟」ぶりです。

 マスコミ関係にこれほどのコネクションがあれば、いくらでも提灯記事を書いてくれるだろうし、都合の悪いことはスルーしてくれることでしょうね。

 本人は大船に乗った心境なのかもしれません。


にほんブログ村 政治ブログへ



スポンサーサイト

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

毎日新聞はなぜ“ミスターRDF”北川正恭の責任を問わないのか

毎日新聞が一面トップでRDF(ごみ固形燃料)化施設の問題を取り上げたのは3月31日のことでした。 ごみ固形燃料化:52施設の処理費、焼却の2倍…本紙調査  静岡県の御殿場市・小山町広域行政組合の施設は操業開始(99年)直後からトラブルが続き、メーカーや商社を...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。