スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大高未貴さんのチベット・レポート。アグネス・チャンは、己の国の人権問題にまず取りかかるべきだ。

大高未貴さんのチベット・レポート1/2



 大高未貴氏が九年前のチベット取材について、発言しています。

 大高未貴氏の発言の一部↓

 「ダライラマの写真を持つことは禁じられている。持っていれば、刑務所行き。」(宗教弾圧)

 「チベット人のガイドはほとんど解雇されている。中国にとって都合の悪いことをしゃべるから。」「個人行動が出来ない。全部行動を看視されている」(情報統制)

 「チベット人女性の生きる手段は三つしかない。1に、ネパールへの亡命、2に漢民族との結婚、3に売春。」(人権の抑圧)

・・・・・・・・・・・・・

 それにしても・・・。

 アグネス・チャンは、まず己の国の人権問題にまず取りかかるべきだ。

 チベット人を弾圧している中国政府を擁護し、日本の人権問題に口出しをするアグネス・チャンはそのダブル・スタンダードを何とかすべきだろう。

 今のアグネスは、「エセ人権屋」と言われても仕方ない。

(参考記事)「チベット」平和解決を切望=聖火リレー妨害は「政治持ち込まないで」アグネス・チャン―東京

(参考スレ)
アグネス・チャンを語って欲しいpart2

にほんブログ村 政治ブログへ


スポンサーサイト

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。