スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「陰謀であると力説する」のは、詭弁の特徴

「年次改革要望書」に関する私の見解

1.「年次改革要望書」が存在していることは、純然たる事実である

2.アメリカの産業界と資本家の要望が、そこ(「年次改革要望書」)に込められていることは事実

3.日本政府が、「年次改革要望書」の書かれていることを無視できないのも、間違いないだろう。

4.ただし、「アメリカの政財界を牛耳っているユダヤ系資本家が、日本をその支配下に入れようとしている」というような「ユダヤ謀略論」は、今のところ憶測の域を出ない。


 ネオリベ論者の「アメリカ陰謀論批判」というのは、この「憶測」の域を出ない4.の「ユダヤ謀略論」の部分をことさらに取り上げて、2から4を「陰謀論」だと決めつけるものだ。

 竹中平蔵は、当初「年次改革要望書」など見たこともないと嘯いていた。(後に、これは嘘と判明したが・・・)

 彼らは、郵政民営化法案に関して、「これは、小泉純一郎の年来の主張であって、「年次改革要望書」との関連はないと言っていたが今でもそう言い張るつもりなのか。 

 都合の悪いことを「陰謀であると力説する」のは、詭弁の特徴なのだ。↓以下参照。

詭弁の特徴のガイドラインより

議論するにあたり、真っ当な意見と見せかけ、実は詭弁で論点をはぐらかす輩が多々おります。
皆様も以下の「詭弁の特徴15条」を覚え、そういう輩を排除しましょう。

1:事実に対して仮定を持ち出す
2:ごくまれな反例をとりあげる
3:自分に有利な将来像を予想する
4:主観で決め付ける
5:資料を示さず自論が支持されていると思わせる
6:一見関係ありそうで関係ない話を始める
7:陰謀であると力説する
8:知能障害を起こす
9:自分の見解を述べずに人格批判をする
10:ありえない解決策を図る
11:レッテル貼りをする
12:決着した話を経緯を無視して蒸し返す
13:勝利宣言をする
14:細かい部分のミスを指摘し相手を無知と認識させる
15:新しい概念が全て正しいのだとミスリードする



スポンサーサイト

Camel - Ice

Camel - Ice (complete) Live

サブプライムローンの損失総額が120兆円に達する見込み

 以前、↓こんな風に「金融工学」を紹介しているブロガーがいました。

■米国との頭脳力格差の是正

1,金融工学の研究発展
(ウィキペディアより)

金融工学(きんゆうこうがく、Financial engineering、Computational finance)は、資産運用や取引、リスクヘッジ、リスクマネジメント、投資に関する意思決定などに関わる工学的研究全般を指す。金融工学自体は、新しい学問領域であるといわれるが、これは金融工学自体が、経済学・会計学・工学・数学など様々な学問領域と接点を持ちながら、1950年以降に形成されてきたからである。金融工学の中でも画期的な研究としては、1950年代にハリー・マーコビッツが示した平均・分散理論や、1970年代にフィッシャー・ブラックやマイロン・ショールズらによるデリバティブズの価格理論などが有名である。

うっ…わけわかんねぃ。

わかるのは、金融資産の活用はアメリカが学問として進んでいるのに比べ、日本では貯蓄高は高いのに消費が進まないという現象をとらえ、いまだに「税金を使って公共事業で雇用創出すれば国民はカネを使うようになる」というような前時代的な感覚が経済学者にも残っているということです。
金融工学という新しい分野で、新しいサービスの提供として技術革新をしなければなりません。(竹中プラン)

2,新しい産業構造を作るためには、旧来の製造業の復活以上に金融業の発展が求められる。(例イギリス)


 とまあ、こんな風に「金融工学」とやらを絶賛しつつ「米国の頭脳力マンセー」&「日本よアメリカを見習え」のご託宣。典型的な「親米保守」さんです。

 「アメリカはすごい国」という思い込みと、「金融工学」というようなもっともらしい言葉につい騙されてしまうのですね。

 「金融工学」などと偉そうに銘打ったところで、実際はこんなもの、所詮は応用統計学・推計学の類であり、どこかの本屋で売っている「馬券の張り方」というような怪しげなどうでもいい本と同じ程度の価値しかないものに過ぎません。

 「当たるも八卦、当たらぬも八卦」のレベルです。博打の必勝法なんてあるわけないのに、「金融工学」を会得すれば絶対儲かる投資の仕方が得られるなどともし考えているなら、そういう奴はただのアホです。

 「金融工学」が本当に素晴らしいものであったなら、こんなこと↓は起こらなかったはずです。

サブプライム損失120兆円の可能性も、G・サックス試算

 【ニューヨーク=山本正実】米大手証券ゴールドマン・サックスは、サブプライムローン問題を背景とした金融市場の混乱で、世界の金融機関や投資ファンドなどの損失が1兆2000億ドル(約120兆円)に達する可能性があるとの報告をまとめた。

 このうち、米国分の損失は、約4割に相当する約4600億ドルにのぼるという。

 米メディアが25日、一斉に報じた。

 国際通貨基金(IMF)は、世界全体の損失が約8000億ドルになるとの試算を発表している。今回の推計はこれを大きく上回っており、サブプライム関連の損失拡大がさらに続くとの見方が広がりそうだ。

 ゴールドマンは報告で、「評価損を出すなどした金融機関が、自己資本比率を維持するため融資を控え、信用収縮が一段と進む」とも指摘している。
(2008年3月26日13時31分 読売新聞)


 「サブプライムローン問題で、世界の金融機関や投資ファンドなどの損失が1兆2000億ドル(約120兆円)に達する可能性がある」

 「日本版SWF」がどうのと騒いでいる外資族議員がいますが、彼らがそのようなことに手を出す前に「投機の怖さ」を国民の多くが知ったことは、良かったのではないでしょうか。

 こんなもの設立したところでどうせ、国際金融資本のカモにされるだけなのに、「お花畑」の外資族応援団にはどうしてもそれが分からないようです。

 外資族議員などどうせ自分の金じゃないから、国際金融資本に巻き上げられても一向に困らないのでしょう。というか、国際金融資本からのキックバックを得るために、こいつら、わざと損失を出させようとしているのかも・・・。

お願い

04131


官僚を悪者にして、政府の責任を誤魔化すのは卑怯だ 

 自民党やその御用評論家の屋山太郎あたりが「官僚内閣制」などと、もっともらしい言葉を誤用して、国民を騙しにかかっています。

 しきりに「官僚が悪い」「官僚が悪い」と連呼していますが、いかにも頭の悪そうな発言です。

 こんなことを言っている彼らは、一体何のために内閣があると思っているのでしょうか。

 内閣というのは、行政府のトップにあって、全ての官僚組織に対して指揮命令権が与えられてます。そのような強い権力を持つ内閣は、それに見合う大きな責任を当然持っているわけで、「官僚が○○だから、うまくいかないのだ」というような言いわけを国民にするのは無責任というものです。

 組織というものは、たとえ部下の犯したミスであっても上司が責任を取るものです。官僚の不始末に対しても、担当閣僚や、首相が「私の不徳の致すところ」と国民にお詫びしようとするのが筋というものです。全ては、命令権者の管理能力の無さに起因すると看做されるからです。

 官僚に罪をなすりつけて知らぬ顔をするような卑劣漢たちは、そのような言動がどれほど恥ずかしい事なのかという自覚さえないようです。

 こいつらの言い分は、「現場が勝手にしたこと。私は知らない」というような事を言って報道陣を誤魔化そうとした「どこかの料亭」の経営者の言い分と同じで、私は聞いていて虫唾が走る思いがします。

 「官僚内閣制」などといって官僚叩きをしている連中は、本当の責任の所在を誤魔化している卑怯者だと思って間違いありません。政府に対して物分かりのいいマンセー族はともかくとして、一般の国民は、そんな奴らの口車に乗るべきではありません。







ネコビデオ




気がつけば・・・

2ちゃんねるより、

保守主義というと、自民党が頭に思い浮かぶはずなのに今は疑問に思う
だってすっかり売国奴だから
民主もそうだし、右みても左みても売国奴
あれ?保守派の政治家っていつのまに消えたんだ??



株の投げ売りで脅す外資

2ちゃんねるより、

93: 名無しさん@3周年 None 2008/03/03(月) 22:31:36 ID:n4qDUDxp
外資族の族議員が外資の既得権益を守るために
政府の法案に抵抗している。既得権益をぶっ潰せ

101: 名無しさん@3周年 None 2008/03/03(月) 22:56:18 ID:iE9mBTPk
日本の切り売りで儲けようとする連中=「外資族」

102: 名無しさん@3周年 None 2008/03/03(月) 22:58:28 ID:n4qDUDxp
外資の既得権益を守る連中(マスコミが全面支援)

103: 名無しさん@3周年 None 2008/03/03(月) 22:59:04 ID:Yj5O2jc+
それ以前に、日本の株買う奴 投資する奴がいない その現状解決してくれ 誰も株買わないし仕方なし外資なんだが


105: 名無しさん@3周年 None 2008/03/03(月) 23:03:42 ID:n4qDUDxp
政府は今こそ外資が日本株を投売りせざるをえないような政策をとるべき。

暴落底値で俺や国内企業が買い叩く。外資を破産させる。

サブプライムで外資が弱っている今がチャンス!
外資に大砲をぶっ放して断崖の淵に追い詰めて突き落とし、
項羽が秦軍を20万人崖から突き落として生き埋めに
したのを再現すべき

106: 名無しさん@3周年 None 2008/03/03(月) 23:04:47 ID:I6bQqlO9
>>103
金融ビックバーンをやって外人が7割も売買代金を握って好き勝手に相場操作を
できる環境を作ったことがそもそもの元凶ですから、そこから正すしかないですよね。
もっとも、外資の手先のケケ中のような連中は狂ったように「それでは日本が世界から
見捨てられてしまう。」喚き散らすでしょうけどw


 106の意見に同感。金融ビッグバンによって、外資が7割も売買代金を握って好き勝手に相場操作が出来る環境にしたことがそもそもの間違い。

 完全に外資に株価の主導権を握られてしまったから、外資が投げ売りを始めると「株価が下がって運用益がマイナスになった。カイカクが足らないからだ」と「外資族」が狼狽したふりをして大騒ぎする破目になったわけです。

 これで、外資の既得権益を増大する大義名分が出来た「外資族」が政府にねじ込んで、カイカクと称する売国行為を行うのです。

 その結果、既得権益が増大したと見た外資が、買いに戻ることによって、さらに外資の支配力が増大するという悪循環が繰り返されるのです。

 つまりは、外資の導入というのは、覚せい剤みたいなもので、一旦使い始めると、止められなくなるもののようです。

 いずれは紙くずになるドルの買い支えをするくらいだったら、外資を東証から追い出して、政府が日本企業の株を大量に購入することで、株価を高値で安定させればどうかな。(これは素人意見だけど・・・)

 何にせよ、今の状況は拙いです。



Camel - Air Born

邦題 「ゆるやかな飛行」




High flying glider, spread your wings
Flying high on a cloud
Born on the air, spiral around
So busy making circles
You never touch the ground


You see the sea, feel the sky
Don't know where you go when you die
Don't know the answers
To what's in my mind
Riding on the wind and turning with the tide


Life takes you up, it brings you down
Changes the pain that remains
Keep moving fast, the wind and the rain
And if the world keeps spinning round
You'll be back again


Andrew Latimer: Flute, Acoustic & Electric Guitars, Lead Vocals
Peter Bardens: Piano, String Synthesizer, Organ, Electric Piano
Doug Ferguson: Bass
Andy Ward: Drums


マンセー族たち

戦時中 「非国民は氏ね!」
現在   「ニートは氏ね!」


戦時中 「竹槍でB29が撃墜できないのは根性が足りないからだ!」
現在   「正社員になれないのは努力が足りないからだ!」


戦時中 「欲しがりません勝つまでは!」
現在   「カイカクの痛みに耐えろ!」

 (大本営発表↓)
戦時中 「我ガ軍ハ敵空母10隻撃沈。 敵航空機100機ヲ撃墜ス。 我ガ軍ノ損害ハ非常ニ軽微ナリ。」
 (御用学者↓)
現在   「景気は着実に回復している。現在のわが国は『いざなぎ超え』の空前の好景気である。」


日々の健康管理は欠かせません




ネオリベ論争は、従来の「左翼」VS「保守」の枠組みを崩壊させつつある

「ふしぶじゑ日記」の「darsana-te2ha」さんが、当ブログを引用しておられました。↓(感謝)

「外資族」だそうですw。国売りのオコボレに頂戴する方々。

 いや、こういう人いるいると思って思わず笑ってしまった↓。
猪名野の原の笹枕  構造改革は、「外資族」によるクーデターより

【外資族サンプル①】
典型的な団塊世代であり、新左翼(中核派)→新自由主義への転向組。
現在は古色蒼然としたIMFイデオロギー=ワシントン・コンセンサスにかぶれる小さな政府信者。すべてにおいて鼻つまみ者の要素をあわせ持つ二世議員(笑)。


 猪瀬副都知事もこの口なんでしょう↑。似たような左翼運動家出身でテリー伊藤なんてのもマスメディア上で騒いでますがw。


 ネオリベに対する賛否をめぐって、従来の「左翼」VS「保守」の対立軸とは大きく異なった別の対立軸の存在というものが明らかになりつつあります。

 従来の保守と呼ばれていた側においては、「媚米派」(#1)対「媚米批判派」(媚米派からは、「反米保守」と呼ばれる)の対立が顕著になりました。

(#1)ここでいう「媚米派」とはいわゆる親米保守のこと。「反左翼」的言動により、一見「保守」に見えるが、単に、アメリカに追随しようとする行動原理のみを有するだけの存在。アメリカに批判されれば、即座にその「歴史観」・「世界観」を変えることのできるカメレオンのような融通無礙のイデオロギーの持ち主。(彼らの唱える「イデオロギー」などそんな程度のものなのだ)

 「媚米派」のネオリベ賛美も、「アメリカが主張しているから」、あるいは「実利が伴うから」、に過ぎないのでしょう。

 一方、左派陣営において起こったことは、従来、政府に対して批判的な言動を行っていた左派系言論人の一部(というより、マスコミに露出している左派系言論人の大部分)が、政府のとるネオリベ政策を賛美し始めたことです。

 田原総一郎なんかその一人ですし、「ふしぶじゑ日記」さんに挙げられていた猪瀬副都知事や、テリー伊藤なんかもそうした面々のうちの一人です。

 マスコミで言えば、朝日系マスコミなどその典型です。媚米派のブロガーは「朝日系マスコミ=反政府」という思い込みがありますが、そうではなく朝日系マスコミの主張は、「歴史観」や「国防」に関しては、「反政府」ですが、ネオリベ政策に関しては、終始政府擁護を続けています。(そのくせ、取ってつけたような格差批判を行うところが姑息)

再度、「ふしぶじゑ日記」さんのコメント欄より引用します。↓

今の時代、売国こそ出世と金になるからね。
政・官・財・マスゴミ・知識人みんなそうだ。
本当の愛国者は排除されるか殺されるのがオチ。
それが顕著になり出したのはたぶんノーパンしゃぶしゃぶあたりから。
外資族ならいくら賄賂貰おうと、天下りしようとマスゴミはスルーだしね。
かつての族議員は利権漁りしたが富は国内にとどまってた。
外資族だとそうは行かない。
国内の富は米国に還流するようになる罠。
かつての左翼バリバリの猪瀬なんか典型だな。
とにかく彼らの本音は日本人いじめがしたいだけだと思う。


>とにかく彼らの本音は日本人いじめがしたいだけだと思う。

そうなんですよねー。個人的なルサンチマンがあるんでしょうかね。公私混同の気がしないでもありませんが‥


 同感です。特に左派のネオリベ論者は、「日本人いじめがしたいだけ」です(嘲)。

 従来から、日本が嫌いで嫌いで仕方のない彼らは、アメリカから、日本が「ああだ」「こうだ」とつつかれるのが面白くて仕方がないのでしょう。自分たちもそれに便乗して、「正義の使者」を気取って日本を責め立てています。彼らは、嫌米だけど、それ以上に嫌日なのでしょう。あるいは、彼らは、軍事において嫌米だけど、それ以外はアメリカ大好き人間なのかもしれません。

 それに対して、左派のネオリベ批判論者は、「歴史観」や「国防」に関しては、右派の「媚米批判派」とは意見を異にしていますが、少なくともアメリカに追従する今の日本を憂いている点においては、媚米派以外の右派と同様であり、「経済政策」等の面においては、媚米派などより、ずっと信頼できるような気がしています。


鬼束ちひろ - Sign

鬼束ちひろ - Sign







「Sign」  Lyric & Music Chihiro Onitsuka
          Arranger Takefumi Haketa

冷静さを売り飛ばして
泡になった僕を
世界は笑ってくれるだろう

そんな荷物だけで何処に?
「何処へでも」そしてただ
君の事を考えているよ

保証も無い点滅に期待したり
理由より大切なものを知ってるから


今夜君の部屋の窓に 星屑を降らせて音を立てるよ
言えない 何も聞かないで
笑って欲しい
喜びよりも悲しみよりも ただ君の事を考えているよ

今夜 君のもとへ


こんな時にストーリーは
展開を急がない
ならば少し待ち切れないでいよう

想いに仕掛けた罠を全部外して
刻もう どんな意味だって構わないと

どうか高鳴るこの胸を 煌めく夜汽車に乗せて伝えたい
示して 微かな合図で
近付いて行く
いつだって泣きたくなる程に ただ君の事を考えているよ

それ以上 何も無いよ


覚えたばかりの感情でも
難しくしないように歩き出せる


今夜君の部屋の窓に 星屑を降らせて音を立てるよ
言えない 何も聞かないで
笑って欲しい
喜びよりも悲しみよりも ただ君の事を考えているよ

今夜 君のもとへ


眠たいけど頑張るのnya

構造改革は、「外資族」によるクーデター

「ネットゲリラ」さん: 外資族議員は売国奴より、

外資族議員は売国奴

新語なんだが、「外資族議員」というのが話題になっている。主に清和会なんだが、外資の手先になって日本を売り渡そうとしてる連中の事だ。売り渡すといっても、代金として支払われるドルは基本的に紙切れになる運命なので、無料で日本をアメリカ様に献上申し上げているのと変わらないんだがね。まぁ、
外資族議員=売国奴と考えておけば間違いない。ウヨクの皆さんも自分のアタマを鉄砲で撃ってるヒマがあったら、もうちょっと考えろよ、というような話です。


2ちゃんねるより、

【永田町の】 外 資 族 議 員 【新種】
1 :名無しさん@3周年:2008/03/02(日) 14:27:15 ID:SJzGiVLk

新種の族議員が発見されたようです。

日本で盛んにロビー活動している、AIG、シティグループ、モルガン、GSなどの外資企業。
彼らとつるんで利益誘導している 「 外 資 族 」 なる政治家がいるようです。

現在わかっていることは、
・生態はダニ、ゴキブリなどの害虫に酷似しています。
・森、小泉、安倍、世耕に代表される「清和政策研究会」のメンバーが中心。
・外資へのロビー活動を「構造改革」と呼ぶのが大好きです。
・マスコミに非常に顔が効き、批判的な報道をする者は潰される。最近も、NHK会長が交代させられたばかり。
 田原総一朗に代表される操り人形も多数使っている。
・彼らに反対すると「抵抗勢力」のレッテルを貼られて排除されます。
・大企業や財界の支持を得て、工作資金は潤沢です。
 (ただし、支持しているのは表向きだけという財界人も多数いる模様。この辺りに害虫駆除のヒントがありそう)
・自己紹介を好みます。(自分らに反対する政治家を「族議員」と呼ぶ。)
・自分が持っていない権利を「利権」と呼ぶ。労働者の組合活動さえ、彼らに言わせると「利権」になります。
・議論で追い詰められると「社会主義が好きなの?」「借金増やす行政がいいの?」などとわけのわからないことを言います。
 もっと追い詰められると、中韓の話をして煙に巻きます。

このスレで「外資族」の生態を研究しましょう。


3 :名無しさん@3周年:2008/03/02(日) 14:45:45 ID:R+leGV2q

Wikiより
衆議院議員(59名)
森喜朗(13回、石川2区)
伊藤公介(9回、東京23区)
中川秀直(9回、広島4区)
衛藤征士郎(8回・参院1回、大分2区)
尾身幸次(8回、比例北関東)
町村信孝(8回、北海道5区)
坂本剛二(6回、比例東北)
杉浦正健(6回、愛知12区)
長勢甚遠(6回、富山1区)
中山成彬(6回、宮崎1区)
細田博之(6回、島根1区)
宮路和明(6回、鹿児島3区)
小野晋也(5回、愛媛3区)
小池百合子(5回・参院1回、東京10区)
塩谷立(5回、静岡8区)
大野松茂(4回、埼玉9区)
嘉数知賢(4回、沖縄3区)
木村太郎(4回、青森4区)
下村博文(4回、東京11区)
高市早苗(4回、奈良2区)
谷畑孝(4回・参院1回、大阪14区)
山本拓(4回、福井2区)
石崎岳(3回、北海道3区)
高木毅(3回、福井3区)
谷本龍哉(3回、和歌山1区)
中野正志(3回、比例東北)
馳浩(3回・参院1回、石川1区)
松島みどり(3回、東京14区)
松野博一(3回、千葉3区)
三ッ林隆志(3回、埼玉14区)
山本明彦(3回、愛知15区)
吉野正芳(3回、福島5区)
奥野信亮(2回、奈良3区)
佐藤錬(2回、比例九州)
柴山昌彦(2回、埼玉8区)
鈴木淳司(2回、愛知7区)
谷川弥一(2回、長崎3区)
中山泰秀(2回、大阪4区)
並木正芳(2回、比例北関東)
西村明宏(2回、宮城3区)
西村康稔(2回、兵庫9区)
萩生田光一(2回、東京24区)
早川忠孝(2回、埼玉4区)
宮下一郎(2回、長野5区)
赤池誠章(1回、比例南関東)
新井悦二(1回、埼玉11区)
稲田朋美(1回、福井1区)
岡部英明(比例北関東)
小川友一(1回、東京21区)
越智隆雄(1回、東京6区)
亀岡偉民(1回、福島1区)
北村茂男(1回、石川3区)
関芳弘(1回、兵庫3区)
木挽司(1回、兵庫6区)
杉田元司(1回、比例東海)
高鳥修一(1回、比例北陸信越)
土井亨(1回、宮城1区)
中根一幸(1回、比例北関東)
松本文明(1回、東京7区)


5 :名無しさん@3周年:2008/03/02(日) 14:49:08 ID:R+leGV2q

参議院議員(26名)
南野知惠子(3回、比例区)
山崎正昭(3回、福井県)
鈴木政二(3回、愛知県)
世耕弘成(3回、和歌山県)
谷川秀善(3回、大阪府)
橋本聖子(3回、比例区)
松村龍二(3回、福井県)
山本一太(3回、群馬県)
岩城光英(2回、福島県)
若林正俊(2回・衆院3回、長野県)
伊達忠一(2回、北海道)
礒崎陽輔(1回、大分県)
岡田直樹(1回、石川県)
神取忍(1回、比例区)
岸信夫(1回、山口県)
北川イッセイ(1回、大阪府)
末松信介(1回、兵庫県)
中川雅治(1回、東京都)
中山恭子(1回、比例区)
中村博彦(1回、比例区)
西田昌司(1回、京都府)
古川俊治(1回、埼玉県)
森雅子(1回、福島県)
山谷えり子(1回・衆院1回、比例区)
山本順三(1回、愛媛県)
義家弘介(1回、比例区)

メンバーみると、プみたいなのが多いね。
まともなのは中山恭子さんくらいじゃん。


6 :名無しさん@3周年:2008/03/02(日) 16:32:14 ID:Rq2KHvZl

ここ数年で一番害悪なのは確実に外資族だな。
つーかこれ新語?流行らせた方がいいね。


7 :名無しさん@3周年:2008/03/02(日) 17:38:57 ID:3faX2llO

道州制好きな奴の顔ぶれと重なるね。
その点だけで、道州制支持する気になれないんだが。


8 :名無しさん@3周年:2008/03/02(日) 18:06:23 ID:EYE28fBD

外資族=ワシントンコンセンサスかぶれの小さな政府信者ね。
日本市場を外資に開放せよとはいうが
その外資はけして中国ではないw


9 :名無しさん@3周年:2008/03/02(日) 18:16:55 ID:40xo6arL

多くの前職が外資系金融機関の奴だな。
衆参両議員をしらみつぶしに調べてそいつらを挙げていったほうが良いのか?
>>3と>>5は清和会の構成員?それとも外資族?
以前、国内の外資がケイマンなどの無税都市を利用しての法人税逃れを規制する法律を作ろうとしたらGS出身の奴が妨害して、すでに日本国内に進出している外資には法律適用が見送られたことがあった。
民主にも巣食っているから駆逐は難しい…


10 :名無しさん@3周年:2008/03/02(日) 20:07:30 ID:LVR/nB88

かの国で洗脳を受けて帰ってきたケケ中その他のカウンターパーツの性格はまるでご主人様の性格の精巧なコピーのようw
よく観察していると、彼らの詭弁が以下のような型に嵌っているのがわかる。


12 名前:山師さん 投稿日:2008/02/08(金) 09:06:59.05 kLruYhEq


自分でしでかした不始末を「これは皆の問題だ。さあ皆で考えよう。」と言い張るメンタリティ(笑)
加害者なのにいつだって悲劇の主人公(笑)
そして俺は正義だと自己陶酔(笑)

ダメリカ(笑)


(よくある例)
構造改革の弊害が指摘されると「これは皆が直面している問題だ。皆で一緒に考えよう。」というスタンスで話をすり替える。
売国奴なのに自分は「改革者」だと主張し、国益派を「抵抗勢力」とレッテルを貼って相手を悪の集団呼ばわりして主客逆転。いつの間にか自分が正義のヒーローの立場に置く。
「格差社会だ地方の疲弊だとキャンペーンを張って、我々の改革が妨害される」と加害者なのに被害者ぶる演技を行うことも日常茶飯事w責任転嫁と矛先逸らしが戦術の核になっている。
「抵抗勢力」の妨害にめげず日夜闘い続ける自分wというイメージ作りには余念がないw


37 :名無しさん@3周年:2008/03/02(日) 23:31:36 ID:HoBuOoPv

典型的なサンプル種

【佐藤ゆかり】
立候補直前の肩書きは、外資系証券会社クレディ・スイス・ファースト・ボストン証券(CSFB)におけるチーフ・エコノミスト兼経済調査部長。同社での在籍は2004年9月から1年間。投資銀行(インベストメントバンク)のエコノミストとして日本経済の構造分析や政策提言を行う一方、財務省、経済産業省、自民党等のポストを兼任した。
2005年8月、自由民主党の候補者公募に応じ、郵政解散を受けた第44回総選挙で、郵政関連法案反対候補者への「刺客」として野田聖子元郵政大臣の地元の岐阜1区に落下傘候補として出馬した。(出典:Wiki)


40 :名無しさん@3周年:2008/03/03(月) 00:04:52 ID:l/y9ZfMW

白人が奴隷刈りをしてた頃、アフリカ人を輸出して大儲けしてたアフリカ人がいたんだよね。
奴隷貿易は有色人種から見ると拉致だけど、白人の一部は未だに「貿易」だったと思っている。
なんか、今の時代も似たような構図が見られるね。


64 :名無しさん@3周年:2008/03/03(月) 13:21:20 ID:75N04rkI

【外資族サンプル①】
典型的な団塊世代であり、新左翼(中核派)→新自由主義への転向組。
現在は古色蒼然としたIMFイデオロギー=ワシントン・コンセンサスにかぶれる小さな政府信者。すべてにおいて鼻つまみ者の要素をあわせ持つ二世議員(笑)。

【塩崎恭久】
高校時代にAmerican Field Service(AFS)で1年間のアメリカ留学を経験。
帰国して一つ下の学年に所属したことから、坂本龍一と同級となり親しくなったという。当時、「どうせ、おまえはそのうち自民党の代議士になるんだろうから、そのときは応援に行ってやるよ」と坂本龍一に言われた。
新宿高校における学生運動の一人であり、坂本龍一、馬場憲治の3人が中心となりバリケード封鎖を行った。
元日銀出身のエリートというイメージが強いが、高校時代は社会科学研究部(中核派)に所属し、砂川にデモに行くなど活動した。
高校卒業後は一浪し、駿台予備学校に在籍。その間、浪共闘(全国浪人共闘会議)にて学生運動に参加していたこともある。父親は元衆議院議員(塩崎潤)。
出典:Wiki


70 :名無しさん@3周年:2008/03/03(月) 16:39:05 ID:75N04rkI

【元祖外資族 竹中平蔵の肖像①】

竹中平蔵の経歴は、一橋大学経済学部卒業後、日本開発銀行入行→同設備投資研究所→ハーバード大学、ペンシルバニア大学客員研究員→大蔵省財政金融研究所主任研究官→大阪大学経済学部助教授→ハーバード大学客員准教授、国際経済研究所(IIE)客員フェロー→慶應義塾大学総合政策学部助教授→同教授→経済学博士。
というものであるが、これも日本の大学の官界、産業界、思想界、政界からの独立性の低さを如実に物語っている。
まず、彼は国立大学卒業し、エリートコース(といっても学歴と “育ち”だけで測られたものだが)の開発銀行に就職している。さらに、そこの研究所から、英語力にものを言わせてアメリカの大学の客員研究員にジャンプする。そこから官庁の研究所(内実は下請け)へ行き、これらの経歴を合わせて阪大の経済学部の助教授に納まる。
しかし、ここまでの内容からは、アメリカの大学で研究を手伝った(客員研究員とはそういうものである)ことと下請けの情報整理をしたことを除いて、経済学の研究者としての業績を見つけることはできない。
その後も海外では「客員(手伝い)~」のポジションのみをマスターし、この手のキャリアとコネと年功序列制との組み合わせから、慶応で博士号を得ている。
要約すると、竹中は、日本によくいる「アメリカとの距離を媒介する」タイプのエリートであり、こういった学歴・経歴をうまく運んで経済学者のふりをしているにすぎない。


72 :名無しさん@3周年:2008/03/03(月) 16:41:25 ID:75N04rkI

【元祖外資族 竹中平蔵の肖像②】

竹中平蔵は経済学者ではないのだ
それはちょうど、竹中の所属しているサプライサイド派が経済学ではないように。
彼は単に、メディアや学歴、地位、名声を駆使して必死に八百長を演じていた男にすぎないのだ。
そういうところは日銀総裁に就任していたノーパン福井と変わらない、
典型的な日本の似非エリートだ。
さて、そんな似非経済学者である竹中平蔵が、ニューエコノミー論というインチキジャンルに寄生し、はたまた先端の思考実験の意味合いが強いモデルに便乗し、自身の専攻分野としてマクロ経済学に取り組んでいる。
ここで、竹中平蔵とこのサプライサイド派の始祖たちとの間にいくつかの共通点があることが確認できる。
一つは、総需要後退局面(不況)を、「経済にとって大した問題ではない」と位置付けていたところ。
さらに、金融政策は経済の根幹部分を握っているという正統派経済学の結論をかなり限定的にしか採用しておらず、政策観としてはこれを軽視していたところ。
まだある。
メディアやロビイスト、政治家、コンサルタントを用いて、学界で正当な意見だとは認められていない
自説を売り込んでいくところ。経済政策という国民の命に関わる重大問題を、ファッション感覚で語り、また実務において処理しようとするところ。
若い頃、左翼学生運動にのめり込んだ団塊・全共闘世代やその子供たちに喝采を浴びて受け入れられるところ。正統派経済学者や正統派経済学に基づいて政策立案する実務家の主張を驚くほど採用していないところ。特に自分の考えは論理的に非の打ち所がないと信じていたので、基本的に実証分析に頼る必要がなく、学界の主流派は実証結果だけでなく、経済原理も間違っていると考えていたあたり竹中はP・クルーグマンが揶揄しているサプライサイダーそのままの姿である。


82 :名無しさん@3周年:2008/03/03(月) 21:27:11 ID:n4qDUDxp

ウィキペディアで広域IPブロックされた(笑)
経済準学士(笑)や海藻に

族議員・・・特定の勢力に利益を誘導する議員
~~族議員・・・~~の勢力に利益を誘導する議員
例:道路族議員・・・道路利権団体に利益を誘導する議員
  外資族議員・・・外資に利益、利権を誘導する議員

「族議員」という言葉はもともとアメリカとマスコミが大衆印象操作をするために作った「印象操作ワード」の一つ。
今回はその奴らが作った族議員の定義に忠実に従って、「外資に利益、利権を誘導する議員」を「外資族議員」と全く自然に定義しただけ。恨むんなら「族議員」という言葉を開発した
マスゴミとアメリカ、お前ら自身を恨め。

ところで「外資に利益、利権を誘導する議員」を「外資族議員」と呼ばれると何か困ることでもあるのかよ?(笑)そこがわからん。
どうしても腑に落ちない。
経済準学士(笑)や海藻の正体は何だ?職業は?


86 :名無しさん@3周年:2008/03/03(月) 21:45:44 ID:I6bQqlO9

別のポピュラーな呼び方で言えば「売国奴」「国賊」と称される連中。
恥を知れと言いたい。


87 :名無しさん@3周年:2008/03/03(月) 21:46:14 ID:I6bQqlO9

もう一つ付け加えると「非国民」とも言う。


97 :名無しさん@3周年:2008/03/03(月) 22:44:58 ID:/pk/Hya/

非常にいい言葉だと思う。「外資族」ということで、彼らの政治家としての本体や生態が、客観化できる。わけのわからないウイルスも、分類して命名することで、取り扱い可能になる。

小泉によってどこかにこれまでの日本の利権が剥がしとられたわけだが、「民営化」という言葉で、国民や日本市場に利権がうつされたように錯覚されている。この錯覚がとかれなくてはならない。
民営化はdemocratizationではなく、privatizationであり、むしろ「私有化」である。その構成員が外資が主なわけだから、小泉はそのために働いた政治家であり、外資族の名が相応しい。


156 :名無しさん@3周年:2008/03/04(火) 01:15:40 ID:Ix8rpNV+

「外資族」の発祥は、経済板のこの書き込みからじゃないですかね。
http://money6.2ch.net/test/read.cgi/eco/1202433262/51


51 名前:金持ち名無しさん、貧乏名無しさん 投稿日:2008/03/02(日) 00:49:07

外資族の族議員(竹中、小泉、大田) 

日本で政治ロビー活動してる企業(アリコ、AIG、など外資)の手先の政治家(小泉、竹中、世耕、大田など)はどうみても「外資族」の族議員。それなのに小泉は「郵政族などの族議員と戦う」などと自分は族議員でないかのような言い回し。

もともと「族議員」という言葉自体アメリカ中央情報局が開発した「印象操作ワード」の一つだろ。外資族の小泉と郵政族の亀井らが闘争しているに過ぎん。
外資族は外国の利益を代弁してるからさらに比べ物にならない酷さ。

何で反小泉派は「外資族」なる言葉を使わないのか。
これを使えば「族議員」なる「印象操作ワード」を逆に外資の手先どもを叩く切り札にできる。


176 :名無しさん@3周年:2008/03/04(火) 15:19:59 ID:Mk3L3agg

外資族議員が国家ファンド議連なんてのを作っている。しかも、彼らは空港の外資規制に反対している。
外資規制に反対する国家ファンド議連にこの問題(国家ファンド)をやらせるのは、武力を持つことに反対する平和主義者に防衛問題をやらせるようなものです。

http://drmccoy.blog39.fc2.com/blog-entry-102.html


177 :名無しさん@3周年:2008/03/04(火) 15:26:59 ID:7Q8vpzVx

インサイダーでうまくやるならボロ儲けだが、過去、年金資金を使った株式投資では、PKOなど政局に利用されて大損を出して、結局は内外のファンドに委託してしまった。同じ轍をいったい何回踏めば気が済むのかと…。


178 :名無しさん@3周年:2008/03/04(火) 15:29:27 ID:7Q8vpzVx

いまならたぶん、サブプライムで青色吐息の米金融機関を全力で買い支えることになると思われ。


237 :名無しさん@3周年:2008/03/05(水) 20:31:57 ID:EdHzjlK3

お隣に韓国という良い先例があります。害死にすべてもっていかれました。確か米軍は韓国から撤退するのですよね? なぜか、もはやかすめとる富がそこにはないからです。
在日米軍も日本を守るためなどと誤解している人もいるようですが、とんでもない、日本を制圧するための存在です。だから地位協定も改定しない。郵貯をはじめ 1500兆の金融資産が彼等の手に渡ったら米軍も日本から出て行くでしょう。
日本人もいいかげんにお人よしから脱却してしたたかにならないと、本当に植民地にされちゃいますよ。


245 :名無しさん@3周年:2008/03/05(水) 23:14:42 ID:sh0BNgpi

今の世界情勢で害資に投資してもらうということは、暴力団から高金利で金を借りるのと同じこと。
一時的に金が入ってきても、必ず奴らは取り分を取っていく。(取り分以上のものも)
期待した見返りがなければ、奴らは日本人の生活を破壊する。
暴力団が、利子を払えなければな内臓を売れと脅すのと同じだ。
日本人は自国民の雇用、安定した生活、福祉の充実を犠牲にして、暴力団に金を返し続ける羽目になる。





246 :名無しさん@3周年:2008/03/05(水) 23:19:22 ID:mGKlB1go

極端だろ 外資嫌い原理主義か 外資に投資して発展した中国とか 日本も見習うべきとこあるし、闇雲に外資が悪いとは言えない


248 :名無しさん@3周年:2008/03/05(水) 23:34:37 ID:9xuOQlWK

>>246
例えば、旧長銀に税金でつぎ込んで、それをそっくり格安で外資に献上したのはどういうことだ?
「闇雲に悪い」ぐらいの警戒心を持たないと、本当にすべて持って行かれますよ。
果たして日本人には、キューバやベネズエラ等、中南米諸国のように最後は「反米」で立ちあがれるような気骨があるか?


251 :名無しさん@3周年:2008/03/05(水) 23:36:25 ID:GVBIiXz4

>>246
支那は技術も資本もないから、なりふり構わず資本を受け入れればそれだけで発展するわけ。
失うものは一切ない。 知性低くてもできる新自由主義だ。
技術も資本も豊富な日本は違う政策を取ってしかるべきだろう。株で損したなら市況で煽れ。


277 :名無しさん@3周年:2008/03/06(木) 11:20:00 ID:lSMUDRy2

【元祖外資族② 塩川正十朗】
http://d.hatena.ne.jp/HEAT/20070711
米金融大手のシティグループは13日、日本でのグループ事業全般についての助言機関として、アドバイザリーカウンシル(諮問委員会)を設置し、会長に塩川正十郎元財務相、副会長にハワード・ベーカー前駐日大使が就任したことを明らかにした。
シティは日本を世界戦略上の最重要市場と位置づけており、日米の有力者の助言を得て対日戦略を加速させる。

【塩川正十朗の肖像】
「日米同盟で守ってもらっているのだから、多少、その駄賃を米国にくれてやっても問題ないじゃないか。そんなカネ、カネいうな!」(塩川正十朗談)
駄賃払うのはわれわれ国民なんだが、それすら分からんのがこのボケ老人。
2003~4年に外国為替資金特別会計から30兆もの莫大な資金を調達し円高阻止の為替介入→米国債購入をやってのけたのも財務大臣だったこのバカでした。


 構造改革というのは、日本国内にある利権を、従来の権利者から奪い取って、外資等に献上するための「一種の政治闘争」だったのではないか。

 プロパガンダさえ巧みに行えば、「カリスマ性を有する売国奴」が「改革者」を気取り、「愛国者」たちを「抵抗勢力」として排斥できる怖さが、「ポピュリズム」にはあるということだ。


「ネット右翼」向けのパフォーマンスで終わるなよ・・・橋下知事


アホ向けアピールはもういいよ(嘲):イザ!


「で、まあ橋下呆知事がこんだけ職員と、その中でもとりわけ組合と対立している、
 っつー構図を府民に示すのは、単にそれがアホな府民にウケるからでしかないだろ?(嘲)」

「まあ、官僚と必死で戦ってるふりしながら結局は役人並に官僚的、
 っていうマスゾエ・ハゲと同じアピール・スタイルだよね(笑)」

「あの『サービス残業ブチ切れ職員』のねーちゃんが『呆知事は府民と職員を分断してる!』
 つってたのの意味、よくわかんなかったけど、ようやく判ったよ(嘲)」

「職員がいかにアホか、ってことを喧伝することが自分の公明正大さのアピールになる(笑)
 まあそれでダマされてるアホな府民が悪いんだけどさ(笑)」

「いやだからさ、そういうアホ向けのアピールはもういいからいい加減にちゃんとした仕事してくれよ(嘲)
 『府民の皆さん!こんなにも役所の感覚は府民とズレています!』ってことはもう判ったからよ(嘲)」

「ひょっとして……この調子で4年間過ごすつもりなんかね?(笑)」

「まあ橋下くんのやりたかったのがただの『政治』なんだったらそれでいいんじゃねーの?
 とにかく何にもロクなことせずに支持率を維持するだけの4年間
 国政入りも夢じゃないよな(嘲)」



 「職員がいかにアホか、ってことを喧伝することが自分の公明正大さのアピールになる」

・・・要は「世間から批判されている存在である公務員(彼らにとっての悪)を叩くパフォーマンスを見せれば見せるほど、自分が正義であることを世間にアピールできる」という計算が橋下知事にはあるのだろう。

 現に、ネット右翼も絶賛しているし・・・。

 これは、抵抗勢力を叩くパフォーマンスのみで5年間を乗り切った小泉政権のやり方と同じ。

 「悪の一味を倒す」黄門様御一行や、桃太郎侍に喝采する勧善懲悪的世論というのはちょろいもんだ。

 橋下知事に話を戻せば、「職員叩き」ばかり続けていても、府政は良くならない。

 「職員」を「知事とともに大阪府のために頑張ろう」という気持ちにさせられるかどうかが問題なわけで、時には大阪府政のために、「ネット右翼的世論」を敵にしなければならない場合も出てくるのだろうけど、橋下知事には、その勇気があるのかどうか・・・。



松木里菜

03215



     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
   この顔に
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
  見覚えのない人でも
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・ 
  このCMには見覚えあるでしょう?
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・ 


03126




松木 里菜(まつき りな、1984年6月13日 - )は、埼玉県出身の女優である。特技は卓球で中学時代は卓球部。好きな食べ物はカボチャ、イチゴ、栗。嫌いな食べ物はシイタケ。

福田首相は世界に向けてどんな発言をするのか・・・「日中首脳会談」

3/20放送の報道ステーションで、ラサの中心部にあるポタラ宮前に装甲車が止まっている姿がしっかりと映っていました。軍が関与してないっていう中国側の主張は嘘だったということです。

さて、youtubeに、3/19放送の「アンカー」がありました。

チベット大虐殺 人民解放軍 福田首相①



チベット大虐殺 人民解放軍 福田首相②



この中で、青山繁晴氏は、

「デモに備えていた中国側の警察車両の中に、少数の軍の車両がいて、その軍の車両が突然、群衆の中に入っていって、轢き殺し、射殺し、という狂ったような行動に出て、それがワーッと暴動につながっていったらしいと。で、これで一番ショック受けたのが、実は他でもない中国共産党中央だった」

という事を言っていました。「軍による暴走説」です。

この後、青山氏は、福田首相に言及して、こんな↓フリップを出しました。

03201


↑これを説明する前に青山氏は、外務省の外務官僚のトップである藪中事務次官の発言を紹介しました↓。

03202


<藪中事務次官の発言:チベット暴動と、胡錦濤国家主席の来日とは、「関係ない」「影響ない」>

青山氏曰く、

「このまま胡錦濤国家主席を日本に迎えるかどうかっていうのは重大な政治判断の問題で、お役人に勝手にこんなこと言われること自体が、福田さんが、日銀総裁人事と同じように官僚にいかになめられてるかってことです」。

「その日中首脳会談をいつやるか、今のところ5月の連休終わったらすぐやるってことになってるでしょう?そうすると胡錦濤国家主席は、このチベット騒乱後に初めて外国に行き、おそらく初めての主要国との首脳会談やるわけですね」。

もしそのままやれば、この3つの選択肢しかない。はい、ちょっと出して下さい」と出したフリップがこれ↓。(一同苦笑)

03203


1つめが『一切チベットの話を取り上げない』。2つめが『ダライ・ラマの陰謀という中国の主張を黙って聞いてしまう』。3つめが『中国に情報公開と自制を促す』」

青山氏曰く、

世界が注目するのは、この3つ目が言えるかどうかだけなんですよ。まさか無視したりですね、まさか中国の言うこと黙って聞いたりしないだろう、せめて3つめ、情報公開と自制ぐらい、あったりまえの要求なんだから、それぐらい言えるだろうと思いきや、元外務大臣、僕が信頼してる元外務大臣ね、外務大臣、何人もいないんだけど、もう今日ははっきり言います。僕に電話でこう言いました」

03204


(パネル見るなり一同苦笑)

青山氏曰く、

「『青山さん、福田さんはそんなこと言えるはずがないよ!』と。『毒ギョーザ事件でね、中国の公安省がまるで日本側が入れたかのような記者会見をして、『我が総理は非常に前向きだと発言したままじゃないですか』と」

「中国側は、毒ギョーザ問題もそこでもう完全にうやむやにしてしまうってこと狙ってくるわけですから、それに対して総理が指導力発揮しないといけないけど、日銀総裁人事見てても、その期待は薄い」

「この元外務大臣も結局言ってんのは、『やっぱり自分は政治家で、現職の代議士だから言うのは何だけど、やっぱり国民の意思だよね』と。」

「国民が胡錦濤国家主席の来日はまあ譲っても、7月のサミットのオブザーバー参加でいいじゃないですかって意見がはっきり出てくれば、福田さんはそれを気にする人だから、変わるんじゃないのとも言えるわけです。だから僕らのやっぱり考えどころだと思うんですね」

室井佑月氏曰く、

「でも私の予想だと、1番と2番で決める気がするね、福田さんは(一同笑)」。

青山氏曰く

「いや、それ正しいんだけどね。もしそれ福田さんがやるとですね、僕ら日本国民が世界から、はっきり言うと、あきれられる

私たち日本国民が恥をかくんですよ。こんな、チベット騒乱がなかったような顔するっていうのはね」。

・・・日本国民が「恥をかく」だけならまだしも、「一切チベットの話を取り上げ」なかったり、「ダライ・ラマの陰謀という中国の主張を黙って聞いてしまう」ような事をもし福田首相が行ったなら、「日本国民がチベット人を見捨てて中国側についた」というメッセージを世界中に配信することになるわけです。

それは「チベット人に対する裏切り」であり、「日本人は人権に対する意識が低い」というイメージを決定的なものにすることでしょう。


GOING UNDER GROUND 「初恋」

サントリー「白いなっちゃん」CMソング
GOING UNDER GROUNDによる村下孝蔵カバー「初恋」
モデルは堀北真希

大田経財相の二枚舌発言

景気回復基調は変わらず、デフレ脱却は足踏み=経済財政担当相
2008年 02月 29日 11:23 JST


 [東京29日 ロイター] 大田弘子経済財政担当相は29日、閣議後の記者会見で、1月鉱工業生産指数が予測指数以上に大幅なマイナスになったことについて「在庫面からの下押し圧力は小さく、生産が持続的に落ちていく状況ではない」とし、景気認識について「回復テンポは緩やかになっているが、景気回復基調は続いているという判断に変化はない」と述べた。


 1月鉱工業生産指数が予測指数以上に大幅なマイナスになったにもかかわらず、「景気回復基調は続いている」となぜ言えるのか、大田経財相。弱気な事を言って、経済政策の誤りを認めたくないのか。

 そう言えば、今年の一月にはこういうこと↓を言ってたね、この人。

大田弘子経済財政担当相は18日午後、衆参両院の本会議で経済演説を行った。

世界の総所得に占める日本の割合が24年ぶりに10%を割り込んだことなどに触れ、
「 もはや日本は『経済は一流』と呼ばれる状況ではなくなった」と、国際的な地盤沈下に危機感を表明
「今の日本経済に求められることは、もう一度、世界に挑戦する気概を取り戻すことだ」と訴えた。

経済の現状では、米国経済の減速懸念や原油高、住宅投資の回復の遅れを懸念。
世界の経済環境が大きく変化する中で成長を続けるため、成長戦略を強化、再構築する方針を示した。

経財相はまた、国・地方合わせたプライマリーバランス(基礎的財政収支)の2011年度黒字化に向け、
「歳出削減の努力を決して緩めない」との考えを重ねて強調した。
 

 景気が、依然としていざなぎ景気を超えるほどの長期間、回復基調を続けているのであれば、なぜ、「世界の総所得に占める日本の割合が24年ぶりに10%を割り込んだ」りするのか説明してほしいものだ。

 「日本の経済は成長を続けているが、世界はもっと成長している」と言いたいのか。だったら、日本の経済政策は、相対的に言えば失敗しているってことだろう。

 「今の日本経済に求められることは、もう一度、世界に挑戦する気概を取り戻すことだ」という一月の発言は、「改革の遅れ」を批判したかったんだろうけど・・・。

 一方では、悲観的な話をして、「改革の遅れ」批判を行い、他方では、楽観的な話をして、現政権をアピールするような、ご都合主義的な発言がよく恥ずかしげもなく出来るものだ。

 まあ、構造改革論者によく見られる典型的な二枚舌発言なのだけど・・・。そう言えば、構造改革論者の親玉の竹下平蔵の発言なんか、嘘と詭弁の塊だったよね。



ネコの肖像

03191

アメリカは、中国と事を構える気などない

『親米保守』を切り捨てる米国と東アジアマーケット:元外交官・原田武夫の『国際政治経済塾』
「親米保守」という老人たち


日本でさまざまなメディア、とりわけテレビに出演していると、必ず出くわす老人たちがいる。いわゆる「親米保守」と呼ばれる人たちだ。


テレビの政治討論番組の司会であったり、あるいは常連のコメンテーターとして居座っている彼ら=「親米保守論者」たち。何せ、テレビのチャンネルをつけると、ニュースや報道、あるいは討論番組に必ず1人は出演しているので、彼らの論は知らず知らずの間に現代日本を生きる私たちの頭に刷りこまれているといってもよい。その影響力は、少なくともこれまでの日本においては絶大であったといえるだろう。


それでは彼らが依って立つ「親米保守論」とはいったいどんな考え方なのか?ポイントをまとめると次のようなものといえるだろう。


(1)日本は米国と戦争をして負けた。アングロサクソン、とりわけ米国と戦争をして、勝つわけがなかったのに、無謀な戦争を行ったのである。その後、米国はますます圧倒的な存在となっている。


(2)その一方で、目を西に転ずると中国(さらにはロシア)という大国がいる。これらの国々はいつ日本を襲ってくるか分からない、恐ろしい存在だ。したがって、こうした「仮想敵国」に対する備えを十分にしておく必要がある。


(3)この時、頼りになるのは米国をおいて他にはいない。日本の伝統、そして国家を守るためにも、米国と同盟を結び、仲良くするしか他に選択肢はないのである。


そして、こうした「親米保守論」を声高に語るものたちは、続けて「黒船ファンド恐怖論」に対してあからさまに批判を行うのがパターンだ。「日米同盟で守ってもらっているのだから、多少、その駄賃を米国にくれてやっても問題ないじゃないか。そんなカネ、カネいうな!」と、その筆頭格である塩川正十郎翁(元財務大臣)より、私自身、とあるテレビ番組で叱責されたことがある。


だが、こうした何とも無防備な「日米同盟神聖論」は、もはや支持できないことは、このコラムの読者である個人投資家の方々にはすでに明らかなのではないかと思う。日本のマーケットで「仕掛け」「壊し」「奪い去って」いる群れの先頭にいるのは、米国勢なのである。米系巨大ファンドの「御三家」がいよいよ東京にそろい踏みしている今、日本人が思慮なく丸腰で突っ立っていて良いわけがないのである。


この観点より見ると、最近、大変気になることがある。それは、よりによってこうした日本の「親米保守論」の根底を揺るがすような発言を、カーター元米国大統領が行ったということである。


不思議なことに日本の大手メディアは一切黙殺しているが、米中国交正常化28周年の記念式典に出席するためにカーター元大統領は北京を訪問、その際、「米中国交正常化(1979年)に際し、米国による台湾への武器輸出を中国が認めると約束したので、米国は台湾との国交断絶と中国との国交正常化に踏み切った」と述べたのである(12月7日付「朝鮮日報」(韓国)参照)。要するに、米国は中国との間で密約を結んでいたのだ。


このニュースは、日本の「親米保守論者」にとって破壊的な意味合いを持つ。なぜなら、中国は自らに向けられるはずの台湾における武器増強を、米国に対し、密かに認めていたからである。その結果、「親米保守論者」が何かというと引き合いに出す、中国と台湾との間の軍事的緊張関係、あるいは「中国脅威論」+「台湾善玉論」というセットが巨大な虚構であったことが明らかになったことになる。


そうである以上、「脅威」であるはずの中国と裏では握手していた米国に助けを求め、ましてや米国との同盟関係を神聖視することほど愚かなことはないと明らかになったのである。なぜなら、この巨大なフィクションをつくりあげた張本人が米国なのであるから。


密約の存在を明らかにしたのが、当時の米国における交渉の最高責任者であったカーター元大統領であることから、もはやこれは疑いようのない真実である。見方を変えれば、カーター元大統領、さらにはその背後にいる米国勢、これまで忠犬ハチ公のようについてきた日本の「親米保守論者」を鞭で乱打し、切って捨てたに等しい。これは巨大な「潮目」だ。


 文中の「12月7日付「朝鮮日報」(韓国)」の記事はこれ↓

カーター元大統領、米中国交正常化の秘話明かす

 中国を訪問中のカーター元米大統領は5日、1978年12月の歴史的な米中国交正常化合意は、中国の経済発展と引き換えに、米国の台湾に対する兵器供与を認めたトウ小平副首相(当時)の決断によって可能になったと語った。

 当時大統領を務めていたカーター氏は、国交正常化28周年の記念行事に出席するため、北京を訪問。同氏は、当時の日記を読み上げる形式で国交正常化の秘話を公開し、「トウ小平は体格は小さいが、荒々しく知的で、率直で勇気があり、確信に満ちた人物だった。国交正常化において最大の障害だった台湾への兵器供与を認めなければ国交正常化を成し遂げることができず、中国が米国との国交正常化を果たさなければ経済発展を期待できないことを理解していた唯一の人物だった」と振り返った。

 カーター元大統領は、国交正常化が決まったのは78年12月14日のことだったと語った。当時、トウ小平氏は序列上のトップではなく、国家主席は華国鋒氏だった。毛沢東氏によって粛清されたものの、77年7月に副首相として復権を果たしたトウ小平氏は米中国交正常化の決断を下した4日後の78年 12月18日から22日まで開かれた中国共産党第11期中央委員会の第3回全体会議(3中全会)で、毛沢東氏が後継者として指名していた華国鋒氏の影響力を削ぎ、実権を掌握した。

 カーター元大統領の発言は、トウ小平が第11期3中全会が開かれる前に実質的に権力を掌握していたことを示すものだ。同氏は1979年1月1日に米中国交正常化が発表された直後に訪米したトウ小平氏が「国交正常化のために台湾への兵器供与を認めたところ、同志から厳しく非難された」と話していた秘話なども明かした。

北京=朴勝俊(パク・スンジュン)特派員


 原田武夫氏は、「要するに、米国は中国との間で密約を結んでいたのだ」と述べておられますが、そんなものは当たり前のことじゃないかと、今更何を言っているのかと・・・。

その結果、「親米保守論者」が何かというと引き合いに出す、中国と台湾との間の軍事的緊張関係、あるいは「中国脅威論」+「台湾善玉論」というセットが巨大な虚構であったことが明らかになったことになる。

・・・「米中国交正常化」というのは、そういうことです。「軍事的緊張関係」を解くために「国交正常化」を行ったわけです。少なくともアメリカは、中国と事を構える気などないでしょう。

 「中国脅威論」なんていうのは、媚米派の「日米同盟で守ってもらっているのだから、云々」というアメリカに都合のいい論理を展開するためのものでしかないのではないかと思えてくる今日この頃です。

 中国は確かに潜在的に日本に脅威を与えている国ですが、その脅威を過大評価して、とても日本の手に負えない、アメリカ様におすがりするしかないと日本国民の多くが思い込んでいるところに、アメリカがどこまでも付け込んでくるのです。

 アメリカが日本のために動いてはくれない事は、「尖閣列島問題」でも、「ガス田問題」でも、「拉致問題」でも既に実証済みのことです。今後仮に、日中間が緊張状態になったとしても、アメリカは、日本に「中国と事を構えるな。我々を厄介事に巻き込むな」と自重を促すだけでしょう。

 アメリカに助けてもらうために、「思いやり予算」だの何だのと、無駄金を使うぐらいだったら、その金を自衛力の増強にこそ使うべきです。


「さかなのうた」が話題になっている件について

この動画↓は東京工芸大学の佐々木悠乃さんがzoomeに投稿されたものですが、ずいぶんとネットで、話題になっているそうです。

何しろアニメから、作詞・作曲そして、歌まで、一人でやっちゃったというんだから、すごいもんです。



ご本人のコメント↓

みんなのうた的・自主制作音楽アニメーション。
アニメどころか映像作ったこともないくせに、血迷って卒業制作に選んでしまい死ぬ思いをしました。
アニメと音楽とうたと、ひとりで孤独につくりました




駐留米軍に、税金で気晴らしさせてあげる事は日本にとって大事なことなのか?

米軍基地のバーテンダー ここまで税金で負担するのか

日本の経費負担で雇われている在日米軍基地の従業員の2割ほどがバーやゴルフ場など基地内の娯楽・飲食施設で働いていることが論議になっている。防衛省から情報を得た民主党では、「無駄遣いがひどい」との声も上がっているが、ネット上では「仕方がない」という意見が意外に多い。

ケーキデコレーター、動物世話係なども

日本政府は、「思いやり予算」として、米軍基地の従業員約2万5000人の人件費のほとんどを負担している。08年度予算案では、1463億円を計上。その支出のための特別協定が2008年3月末で切れるため、国会で3年間の新協定承認案が審議されており、バーテンダーなどの血税負担問題はそこで取り上げられた。

きっかけは、防衛省の資料で、基地従業員の約2割5000人ほどが娯楽・飲食施設で働いていることが分かったことから。人件費の内訳を見ると、コック456人などが多いものの、娯楽性の高い職種で、バーテンダーが76人、ゴルフコース整備員が47人を占めた。このほか、ケーキデコレーター、動物世話係、観光ガイドなどもあった。こうした職種での平均年収は、クラブマネジャーの639万円をトップに、3~500万円台となっている。従業員の多くが日本人だという。

毎日新聞3月14日付記事によると、民主党からは、こうした職員を雇うことに対し、「道路特定財源(の無駄遣い)よりひどい」「(娯楽関係の)人件費は米国がまかなうべきだ」などと反発が噴出したという。民主党本部では、J-CASTニュースの取材に対し、「党として結論は出ていないが、そういうものが必要なのかどうか質問が出た」と説明している。

これに対し、防衛省は、理解を求めている。広報課の担当者は、J-CASTニュースに、「これらの様々な負担が在日米軍の効果的な活動の確保という特別協定の目的に沿うものと考えています。しかし、アメリカ側とは包括的な見直しで合意しており、(議員からの)ご指摘を踏まえて、今後議論していきたい」と答えた。

「娯楽で気晴らし『させてあげる』事は日本にとって大事」

毎日の記事は、ミクシィ内でも配信され、数多くの日記に取り上げられて話題になっている。それらに目を通すと、「娯楽」予算に理解を示す声が多い。
東京在住の30歳男性は、日記の中で

「アメリカさんも~所詮は人の子やし。娯楽で気晴らし『させてあげる』事は日本にとって大事なことやで~。そうじゃなくても~一方的に守ってもらうだけな役割なんやろ? だったらせめて心のケアくらいはしてもいいような気がする(・o・) 徹底的にケアして~最悪基地からでなくてもOKな状況にしちゃえば~暴行事件はまず起きんかもよ~」

と記した。また、

「飲食や娯楽などのサービス業が駄目なら、ほとんどの日本人米軍基地従業員は失業することになる。沖縄なんか只でさえ失業率が高いのに大変なことになるだろう」
「こういう予算が無ければ、アメリカはあっさりと日本を切り捨てていくでしょうね」

などの意見もあった。


 「娯楽で気晴らし『させてあげる』事は日本にとって大事」

・・・親米保守のアメリカに対する「思いやりの深さ」というのは尋常じゃないね。

 米兵の飲み食いに、日本の税金が投入されている現状にも、平気な様子です。

 だったら、公務員が、税金を使って「娯楽で気晴らし」しているのも大目に見てあげたら・・・(冗談だけどね)

「こういう予算が無ければ、アメリカはあっさりと日本を切り捨てていくでしょうね」

・・・米軍は、日本を守るために日本に駐留しているのではなく、アジアや中東に軍隊や兵器を展開させるための前線基地として日本を利用しているだけなのに、それを有難がっているみたい。

 駐留米軍の役割はそれだけじゃなく、日本が自立することに対する「サザエのフタ」の役割もしているようにも思えるのだけど・・・。







「ミャウ」


Chat peroquet "cute and fun"
Uploaded by _006-serie-TS_


「経済における最適解」よりも優先する「国家安全保障」

米国
外資に関する規制


規制業種・禁止業種
財務省の米国内外資委員会(CFIUS)が主要管轄機関。米政府は一般に、外国による米国内直接投資(FDI)を歓迎し、公平に扱うという姿勢(ただ、国家安全保障にかかわる場合に例外がある)。
1.エクソン・フロリオ条項
米国は外国からの米国内直接投資(FDI)を歓迎するとともに、外国投資家を公正かつ同等に扱う。ただ、国家安全保障を保護するための例外はある。エクソン・フロリオ条項(Exon-Florio provision)の目的は、FDIを規制するのではなく、外国からの投資内容を精査し、米市場をできる限り公開するというもの。しかし、投資内容が米安全保障にかかわるものと大統領が判断した場合には、エクソン・フロリオ条項が適用され、FDIが規制される。詳細は以下のPDFファイルを参照。
「米国 外資に関する規制 規制業種・禁止業種詳細 『エクソン・フロリオ条項』」PDFファイル


出資比率
業種規制あるいは国家安全保障にかかわる規制(エクソン・フロリオ条項)によって外資の出資比率が制限されるケースがある。
上記の規制業種・禁止業種の項を参照。
これらの規制業種以外の場合は現地法人の資本金の100%を外国の法人・個人が所有していても特に問題はない。


 グローバリズムを提唱するアメリカの場合も、「外国投資家を公正かつ同等に扱う」という大原則よりも「国家安全保障」が優先しているというのが現実です。もし、「グローバリズム」というものが「経済における最適解」であったとしても、それより、「国家安全保障」の方が優先するのです。(「国家安全保障」>「経済における最適解」)

 アメリカは、自国を富ませる手段として「グローバリズム」を提唱しているわけで、自国を存続の危機に瀕してまで、「グローバリズム」を守り抜くような馬鹿な真似はするはずはありません。

 それに対して、日本の「ネオリベ馬鹿」は、「経済における最適解」を目指すことが、目的化しているようです。彼らにとっては、「経済における最適解」のためには、「日本国民の幸せ」だとか、「日本国の安全保障」などどうでもいいことなのでしょう。

 経済理論は、「経済における最適解」を求めるためのものに過ぎず、「日本国の安全保障のための最適解」とか、「日本国民の幸せのための最適解」というようなものは、別枠で考えなければいけないものであるはずなのに、「ネオリベ理論」を至上のものとして、それ以外の価値を考慮しようとしないのが、「ネオリベ至上主義者」の馬鹿なところです。

 (その肝心の経済理論さえも正しいとは言えないことは、「ネオリベ政策」をかれこれ七年実施してもなお、はかばかしい結果が得られないという現実が証明していますが・・・)

Pink Floyd - Us And Them

Pink Floyd - Us And Them (Pulse from 94)

「北京五輪のロゴの由来」

・・・というブラック・ジョーク的なイラスト↓がありましたが、現実はまさにこのイラスト通りだったわけです。


「How Beijing Olympic Got Its Logo」


03151


03152


03153


03154


(ネタ元:Funny Pictures)


少なくとも私は、このロゴ↓を見るたびに今回の「中国政府によるチベット人虐殺」のことを思い出すでしょう。

03162


ラサで起きた抗議デモ

新華社電を伝える時事ドットコムの記事↓。

2008/03/15-10:37 警官隊が威嚇発砲=当局者「暴動はダライ派の策動」-チベット
 【北京15日時事】中国西部チベット自治区のラサで14日起きた大規模な抗議デモで、ラサ発の新華社電は15日、デモ鎮圧のため警官隊が威嚇発砲し、催涙弾を使用したことを確認した。騒ぎは14日夜に下火になったが、警官隊が一部を封鎖し、厳重な警戒態勢を敷いていると伝えた。また、同自治区当局者は15日未明、「ダライ・ラマ(14世)派が組織、計画したもので、十分な証拠がある」との見解を示した。
 新華社電によると、自治区当局者は「関係部門が法に基づき効果的な措置を取り、適切に事件を処理している」と述べ、デモ参加者らの身柄拘束を示唆した。
 また、警官隊が「群衆を解散させるため、限られた量の催涙弾を使用し、威嚇発砲をせざるを得なかった」とし、多数の警官が重傷を負ったと報じた。放火や略奪の激しさを伝えるとともに、「女性や子供も見境なく、通行人に襲い掛かった」と暴徒ぶりを強調している。


産経新聞中国総局記者の福島香織さんのブログ↓。

チベット暴動の悪夢再び!五輪どころじゃねぇ!

2008/03/15 00:23


■チベット民族蜂起49周年の3月10日にラサでおこった僧侶に対する公安、武装警察らの暴力以降、14日、ついに暴動に発展してしまいました。ラサが燃えています。

■11日にセラ寺でおこった抗議デモは催涙弾で制圧されました。このあと、ジョカン、デプン、セラのラサ3大寺院は人民解放軍に包囲されていました。数千人規模のデモ隊と武装警察が衝突、警察の発砲して2人が死亡した、と自由アジア放送が報じました。セラ寺では、僧侶らが抗議のハンストを行って、当局の暴力に抗議しています。2人の僧侶が、抗議の意味で手首を切って重体。

■今、ラサの友人とチャットしています。14日、街は中国系商店などが焼き討ちにあいました。この日の午後7時ごろ、娘熱路と2環路の交差点あたりで、衆人環視の中で3人のチベット族が撲殺されたそうです。誰に殺されたの?「そんな怖いこと聞かないで!私はここで生きていかねばならいの!」。パソコンに浮き出る英語の文章を見て、自分の愚かさを恥じました。恐怖を抑えながら、チャット必死で現地の様子を私に伝えてくれる彼女を、神様仏様、どうかお守りください。。

■友人によると、このほかにもparko (八角?) エリアで男性2人、女性2人が殺されたとか。あちこちで、暴行がおこなわれているもようです。インドからは応援のデモ隊がチベットに向かっているそうです。インド警察が押しとどめようとしていますが、おしとどめらるか。ああ、私の不注意で、怖がらせてしまって、友人はラインオフです。



■中国外務省の秦剛報道官は13日の会見で、「少数の僧侶が社会動乱を起こそうと企てた。これはダライ・ラマ派の集団がチベット分裂をたくらみ、チベット人民の正常で調和ある平和な生活を破壊しようとした政治的陰謀。目下、政府と寺院民主管理委員会のおかげで沈静化している」と説明していましたが、ぜんぜん沈静化していない!


■これは中国当局の大失態です。こんな体たらくで、本当に五輪を開催するつもりなのでしょうか。デモくらいやらせてあげればいいのです。報道では、さも五輪反対がお坊さんたちの抗議活動の目的のように伝えられていますが、僧侶の願いは、政治犯として拘束されている僧侶の釈放です。この数年に急激に締め付けが厳しくなった宗教の自由です。ダライ・ラマ14世が求めるのは独立でなくて自治だ、と譲歩を見せているのに、中国側が強硬手段をとるので、ダライ・ラマ猊下のやり方は生ぬるい!と思っている一部若い僧侶が「チベット独立!!」といいうスローガンを唱えてしまうのです。

■独立が現実的に無理なのは、多くのお坊さんも認識しているのです。本当は中国がちょっと譲歩し、自治と宗教の自由、そしてチベット文化への尊重をもてば、話し合いの余地が生まれる関係なんです。実際、昨年はダライ・ラマ14世の密使が、私の聞くかぎりでも2度訪中しているはずです。

■なのに、中国側は僧侶に公然と暴力を振るいました。坊さんに暴力を振るうことが、どれほど信仰深い人々の怒りを買うか、国際社会から軽蔑されるか、わかっていない、まさか?まさか、中国の指導者ってそんなにあほなのか~?本当に五輪を無事開きたいなら、この局面で絶対暴力をふるってはならなかったのです。

■胡錦濤国家主席は、すぐダライ・ラマ14世に事態の収拾を助けてもらうよう、丁重に頼むべきです。でないと、血の気の多いチベット族の若い僧侶は抑えられない。宗教に生きる民族を抑えることができるのは宗教指導者だけなのです。万が一でも、解放軍の武力で鎮圧なんてことになったら、五輪はあきらめなければならない。

■15日はポタラ宮近くのRamucheという修道院のリノベーションという特別な日らしい。何かがおこるのか?事態は深刻を極めています。


 「独立が現実的に無理なのは、多くのお坊さんも認識しているのです」。

・・・このような決め付けをしてもいいのか、福島香織さん。

 さて、ラサ発の新華社電は15日、「デモ鎮圧のため警官隊が威嚇発砲し、催涙弾を使用したことを確認した」と発表していますが、福島さんのラサの友人の話によると、「警察が発砲して2人が死亡した」とのことです。中国では、人をめがけて発砲することを「威嚇発砲」と称するのでしょうか。

 新華社電によると、暴徒が乱暴狼藉をしている印象が強いですが、現地の人の話では、「(人民解放軍に)衆人環視の中で3人のチベット族が撲殺された」とか、「parko (八角?) エリアで男性2人、女性2人が殺された」とかと当局側の暴力による弾圧の方が酷いようです。

 「天安門事件」の際の新華社電の嘘を思いだせば、どちらを信用すべきかは明らかでしょう。

 youtubeで、今回の暴動に関する動画が2件ありました↓。


○チベット・ラサで暴動 Protests turn violent in Lhasa




○ラサで暴動、死傷者も



 デモに対して、相変わらず強権による弾圧を行う中国政府。この国は天安門事件以来、何も変わっていない。このような人権無視の態度を続ける限り、中国は先進国にはなれない。

 当初からこのような野蛮な国にオリンピックを開催する資格などなかったにもかかわらず、北京開催を決めたIOCの見識には、今更ながら疑問を感じざるを得ない。

 さらには、このような国が常任理事国として威張っている今の国連をはじめとした世界秩序に対しても大いなる違和感を感じる。

 さて、話は変わって、ラサの抗議行動に呼応した応援のデモ隊がインドからチベットに向かっていますが、インド警察が押しとどめているようです。

2008/03/13-15:57 亡命チベット人100人を拘束=「帰郷」行進を阻止-インド当局

 【ニューデリー13日時事】インド北部ヒマチャルプラデシュ州のダラムサラ近郊で13日、中国政府への抗議デモを行っていた亡命チベット人のグループ約100人が警察に身柄を拘束された。
 このグループは、今年がチベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世のインド亡命から49周年を迎えたのに合わせ、首都ニューデリーなどを回り、北東部シッキム州のヒマラヤ山脈ナトゥラ峠から中国チベット自治区への「帰郷」行進を計画。10日に拠点のダラムサラを出発していた。
 警察によれば、グループは約50キロ進んだところで拘束された。



そして、これがその動画です↓。
○チベット抗議デモをインド政府が抑える【香港NEWS】



 インドにはインドの事情があるのかもしれないが、チベット人に対するこの態度は厳しすぎるのではないか。昔はもっと、好意的だった様な気がするが・・・。



橋下知事「15分朝礼の時間も取れぬなら、勤務中のタバコなども×に」

痛いニュース(ノ∀`)

2008年03月13日橋下知事「15分朝礼の時間も取れぬなら、勤務中のタバコなども×に」→女性職員「どれだけサービス残業してると…」反論
より、
大阪府の橋下徹知事は13日、30歳以下の若手職員を対象に初めて朝礼を開いた。

朝礼は府庁新別館で午前9時15分から行われ、本庁勤務の30歳以下の職員約330人が出席。橋下知事は、府庁をプロ野球チームに例え「5位、6位のチームがAクラスになるにも3、4年かかる。5年、10年後を見据えて大阪が変わるための基礎作り、種まきをしていきたい」と改革への決意を表明。「現場の第一線のみなさんが変わらないと、府庁の職員も変わらない」と変化を促し「大阪を変えるため、府民のために一緒に頑張ろう」と呼びかけた。

さらに、橋下知事は「始業前に朝礼をしたかったが、超過勤務になるのでできなかった。
たかだか15分の朝礼ができないというなら、勤務時間中のたばこや私語も一切認めない」
と発言。これに対し、後方で聞いていた女性職員(30)が突然立ち上がり、
「どれだけサービス残業をやっていると思っているんですか。知事は不満があればメール
を送れといって、職場を分断している」と反論した。

橋下知事は「ありがたい意見。どんどんいってほしい」と余裕の表情で応じたあと、
「サービス残業に感謝している」とも述べた。


これに対する、2ちゃんねるの反応↓

15 名前:名無しさん@八周年[] 投稿日:2008/03/13(木) 12:31:24 ID:ntcVNyEq0
どこが反論になってるのかさっぱりわからない
2ch並の詭弁

23 名前:名無しさん@八周年[] 投稿日:2008/03/13(木) 12:32:14 ID:8UAnJX4MO
ようするに、ずっとぐーたらして怠けていたいわけだ

27 名前:名無しさん@八周年[] 投稿日:2008/03/13(木) 12:32:49 ID:qyfVgFBR0
勤務中のタバコとかただのサボりだろ
「ちょっと一服してきます」つって数分休憩とられてるのと同じだし非喫煙者から見れば
「ハァ?」と思う

33 名前:名無しさん@八周年[] 投稿日:2008/03/13(木) 12:33:23 ID:GuPqlq5CO
どれだけちんたら正規時間に働いているのか

35 名前:名無しさん@八周年[sage] 投稿日:2008/03/13(木) 12:33:57 ID:BBTpqbMR0
サービス残業しないと仕事が終わらないのは無能だからです。

37 名前:名無しさん@八周年[] 投稿日:2008/03/13(木) 12:34:12 ID:RNrIw6wN0
勤務時間中のたばこや私語をしているから、サービス残業する事態になるんだろw

38 名前:名無しさん@八周年[] 投稿日:2008/03/13(木) 12:34:27 ID:Sj+ix/AA0
まー、これだけ借金まみれにした責任は大きい。
サービス残業じゃなくて、責任残業でしょう。

40 名前:名無しさん@八周年[] 投稿日:2008/03/13(木) 12:34:32 ID:yqKyz70a0
能無しの集まりだから残業があるんだろ
みんなでやれば残業なんてなくなる おいらの会社はそうだ
簡潔に手数(てかず)を減らす考えが公務員にはできていない

50 名前:名無しさん@八周年[sage] 投稿日:2008/03/13(木) 12:35:50 ID:AS6KkJFB0
どれだけサービス残業をやっているのか教えてください

57 名前:名無しさん@八周年[sage] 投稿日:2008/03/13(木) 12:36:20 ID:MxfeieUR0
サービス残業って・・・ちゃんと仕事しとけば普通残業なんてでないと思うが・・・
公務員なんてたいした仕事量じゃないんだし、SEとかレベルに辛かったらそりゃあるだろうが

67 名前:名無しさん@八周年[sage] 投稿日:2008/03/13(木) 12:37:15 ID:b9UHVdxD0
サビ残が横行してるなら、朝礼もできるんじゃないの?

公務員の理屈はよくわからんわ。

73 名前:名無しさん@八周年[] 投稿日:2008/03/13(木) 12:37:44 ID:0pxaANQe0
カラ残業ばかりしてる公務員が何ふざけたこと言ってるんだ
税金泥棒め

77 名前:名無しさん@八周年[] 投稿日:2008/03/13(木) 12:38:41 ID:alKKhALiO
区役所の話だけど役所のサービス残業ってせいぜい一時間未満だぞ。


橋下知事の「サービス残業に感謝している」という発言は頂けない。

2ちゃんねらーの意見も、「仕事をしっかりしないからサービス残業になるんだ」とか、「民間はもっとサービス残業してるぞ」とかとサービス残業を容認する発言ばかりなのは如何なものか。

2ちゃんねらーに言いたい「お前ら、経営者でもないくせに、どうして、上から目線で、労働者につらくあたるのだ」。 

「サービス残業」のような悪習を無くそうというのが正論だろうが。

赤字の責任を一般職員に押し付けて、「お前らが仕事をしっかりとしないから、こんなに赤字になったのだ」とかと言うのも、頭の悪い発言だと思う。

総じて、「公務員は働かない」というステレオタイプな思い込みによるバッシングばかり。

この件に関する限り、2ちゃんねらーの意見は、「ハナクソ」のような意見ばかりだ。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。